FC2ブログ
2009.04.30 僧侶の生活
ある面では、この世が極楽のようになってきました。

現代には、楽しいことや時間を忘れさせてくれることがたくさんあります。

ゲーム、アニメ、旅行、グルメ、恋愛、ショッピングなどなど。

愚僧は、これらを嗜むことをあえて封印してきました。

何故なら、限りある時間を別のものに使おうと決意したからです。

仏法真理に生きることを優先したのです。

多少の孤独感はありましたが、そう辛いことではありませんでした。

その代償として、喜びと楽しみを発見しました。

仏法真理に生きると、時間の流れが変わってきます。

じっとしていることが、極めて楽しいのです。

趣味が、思索すること、読書すること、瞑想すること、祈ることとなるのです。

僧侶の生活は、ロハスな生活です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



ロハスはもはやメインカルチャーに発展しつつあります。

要素還元主義から汎神論的自然回帰へ。

枯渇するものから再生可能なものへ、持続可能な社会へ。

オバマ政権の「グリーン・ニューディール政策」はこの時代の流れを象徴しています。

人々は、環境破壊型の物質主義文明にうんざりし、
本当の豊かさ、新しい幸せのかたち、シンプルで健康的なライフスタイルを模索し始めました。

誰もが、人類の負の遺産を解消したい、自然と共存して生きたい、と願っているのです。

今後は、
グリーン電力、循環自立型住宅、エコカー、オーガニック製品などの需要が増すばかりです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2009.01.16 大自然と共に
食の安全が問われています。
人間の浅はかな知恵が、作物の豊穣を疎外しています。
大自然の神秘には敵いません。

以下引用

自然農法
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、
不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。
肥料や農薬を使用する従来農法(有機農法も含む)と異なり、
基本的に播種と収穫以外の作業を行わず、自然に任せた栽培を行う。
しかし、油粕や米ぬかだけは撒く人や、耕起だけは行う人、
草を取らずとも刈ってしまう人も自然農法の実践者として名乗る事があるため、
その栽培法は多様である。
日本や世界各地に実践者がいる。

実践者
以下、代表的な自然農法の実践者を挙げる。
福岡正信
1937年に帰農、実験的に自然農法を始める。
高知県農業試験場勤務を経て、1947年からは自然農法一筋に生きる。
栽培形態が最も自然に近い独創的な農法を実践、普及。
多様な植物の種子を百種類以上集め、
粘土と共に混合・団子状にした粘土団子を作ったことでも知られる。

岡田茂吉
1935年に「健康」の生命原理と「無肥料栽培」の根本原理を説く。
1934年(昭和9年)の東北の大冷害で農家の悲惨な状況を助けたいという思いからもあった。
1936年から東京都世田谷区上野毛の邸宅にて実験的に作物を作り始め、
1942年からは水稲にも取り組む。1950年(昭和25年)から「自然農法」へと改称し、
1953年には「自然農法普及会」を発足させた。
1951年にはアメリカの初代J.I.ロデール(現在のロデール研究所)とも親交を交わしている。
1949年には、瑞泉郷構想を発表すると共に、
静岡県熱海市西山の地に現在でいう統合医療による診療所と多角的農業の実験展示ほ場、
花卉栽培、山水を生かした庭園などを建設し、農医連携の考えをもっていた。
岡田の在世時には完成しなかったが、
その遺志を受け継いだ団体によって静岡県伊豆の国市に瑞泉郷構想は実現した。
岡田の自然農法は、堆肥は活用するが、金肥や人肥、厩肥などの肥料や農薬を使用せず、
土本来が持っている作物を育てる力を発揮させ、活用する。
現在、普及にあたっては、ガイドラインが存在する。
移行期間には認可を得て資材を使うこともあるが、
土に力があれば資材も使用しないで充分育つと考えているので、
資材は一時的使用となっている。
【理念】 大自然を尊重し、その摂理を規範に順応する。
【原理】 生きている土の偉大な能力を発揮させる。

比嘉照夫
琉球大学教授。EM菌を利用したもの。

川口由一
農薬を用いた農業で体を壊し、無農薬、無肥料、不耕の農業を始める。
また、漢方医学と出会い、「生命の営みに沿った農」を模索。

引用終り

しかし、問題は「農協」です。
ここにも、戦後の科学的(唯物論)社会主義思想の影響が残っています。
仏教界と同じですね。
評論家の日下公人先生は、こう指摘されています。

「その実体は、自民党と結託して、農民から票をとることで、
政治家や農協の農村支配につながっている。
本来はよい農産物をつくってもらうための農政であるはずなのに、
いつの間にか、それが票のためになっている。
そういうことがあって、農業の担い手は票を持っている日本人でないとダメということになり、
外国人の農業への参入や海外での農業はとんでもないという考えにつながるのである。
日本の農業については、いろいろな問題があるが、
農業をやろうと思っても、簡単には参入できないようになっていることが大きな問題である。 
原則としては、農業後継者と認められなければ、農地を持てないのである。
農地を所有するためには、農業後継者にならなければならないが、
農業後継者と認定するのはその村の農業委員会である。
だから、そこで認定されなければ農地を持つことができない。
たとえ農業をやりたいから農地を持ちたいといっても、
自由に借りたり持ったりすることができない。
これでは、憲法の職業選択の自由を奪っていることになる。
最近では、小泉改革によって、株式会社が農地を持つことも可能になったが、
それでも条件が厳しいので、ほとんど実現していない。
農業委員会を構成しているのは、その地域で農業後継者と認められて、
いま農地を持っている人たちで、そういう人たちは旧来の権益を守ろうとする。
さらにこれまでの既得権益を守ろうとしているのが、農協(JA)である。
もともと農協は太平洋戦争中に生産物を一元的に集約する目的でできた統制団体で、
農業会が、戦後の1948年に改組する形で発足したものである。
それを、農林水産省が農業政策の下部組織として使うようになり、さまざまな特権を与えてきた。
もともとは、農林水産省の出先機関として活動してきたのである。
いまは全国農業共同組合中央会が組織する農協グループをJAと呼んでいる。
その組織率は強力で、ほとんどの農家がJA(農筋)の会員になっているために、
地方においては膨大な票田になっている。
農協は、農業従事者のほとんどを自分の傘下に置いて、それで金融機関になって、
農業をしている人たちに金を貸し、ほとんど高利貸しになっている。
たとえば、北海道の牧場主は、
『牛を建物の中で飼え。その建築費を貸してやる。20年で返すように』と農協からいわれた。
しかし、牛は凍え死ぬことなどないので、外で飼ってもまったく差し支えない。
だから、『小屋を建てる必要はない』と拒否したいが、
もしもそれをすると村八分にされるという。
農協から金を借りるようにあらゆる圧力をかけ、
金を借りずに、新技術で農業をする人がいると、あらゆる邪魔をして追い出したりする。
メロンやスイカなど果物は温室で栽培できる。
ところが農協の人間が見に来て、
『このメロンはプランターで、地面についてないから農地法違反のメロンだから買えない』、
などとクレームをつける。
そうなると農協を通せないので、独自の流通ルートをつくらなければいけなくなる。
農協はそんなふうに、新しい工夫をして農業をやろうとしている人の邪魔をしている。
最近は農家から顧客への直結が、ネット販売などで広がって、
農協の存在意義は低下しているが、だからこそ、
これまでの方式にしがみついて旧態依然とした農業を存続させようとしている。」


縺ィ縺セ縺ィ・狙convert_20090117005303


農業は最重要の人間の営みです。

今後、大きな改革が望まれます。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
これはとてつもない発明です。







クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
エゴに基づく生活スタイルは、もうはやりません。

贅沢をすれば虚しくなり、グルメを追及すれば病気になる。

遊興や饗宴も、刺激に慣れれば苦痛となり、揺り戻しがきて鬱になる。

現代では、富豪になっても、だれも尊敬してくれません。

絵に描いたようなサクセスストーリーはなくなってしまいました。

何のために生きているのか?誰もが、そう問い始めているのです。

そして、人々の求めるものは変わってきました。

流れは、ポストマテリアリズム(脱物質主義)にあります。

スピリチュアル、自然との共生、癒し、趣味や芸術活動、ボランティア、
生きがい、自己啓発、健康、知的情報への関心は、年々強まっているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.09.18 趣味について
愚僧は、パソコン大好きの超インドア派人間(ヲタ)なのですが、
最近、何故かサーフィンに興味があります。

海はもともと好きなのですが、
開放的でスピリチュアルなところにあこがれます。

photo_m5.jpg

実際は、大変ハードなスポーツらしいのですが、
板に乗って海に漂うだけでも、楽しいだろうなと思うのです。

イルカと出会えたりとか(妄想です)。

やっぱり、「波に乗る」っていうところに何かありますね。

風との対話。

地球の呼吸との一体感。

子供に戻れそうな予感がします。

本当に好きな人はウェットスーツを着て年中やるのですね。

しかし、内陸地在住で、
しかもお寺から離れることの出来ない坊さんは、
インドア(ネットサーフィン)で我慢します。

何もかも忘れて、没頭できる趣味って素晴らしい!




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
間違いなくロハスは今後のトレンドとなります。

スローライフ、オーガニックフード、健康とエコロジー、
霊性開発、自己実現、ヨガ・ピラティス、チャネリング、
真の美しさの探求、スピリチュアルヒーリングetc。

日本では、まだまだ定着していませんが、欧米では市民権を得ているようです。


唯物論者が、これをどう受容していくのか?
今後の課題です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
みんなはじめは、子供だった。
純粋な気持ちを失わないようにしよう。

1992年、リオで行われた環境サミットにおいて、
当時12歳の少女だったセヴァン・スズキさんは、
世界の指導者達を前にして、地球環境を守るため懸命に訴えました。







クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.06.17 地球に感謝
畑修行(?)をしていると、大地のもの凄い生産力に気づかされます。

特に、この時期の植物の勢いは圧倒的です。

蝶や蜂、鳥も沢山現れます。

土を掘り返すと、無数の名も知らぬ虫が蠢いています。

きっと、目に見えぬ細菌達は、何万倍と存在しているはずです。

健康な土地は何もしないでいると、どんどん豊饒となります。

自然の力は、あさはかな人間の作為を超えているようです。

偉大な地球意識は、無限のエネルギーを供給し、

人間を含めたあらゆる生きものを養いつづけています。

生命は、生も死も包摂して、地球磁場に生かされているのです。

地球に感謝を捧げましょう。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
「神は死んだ」と叫ばれた、20世紀は、
退廃的、虚無的、デカダンスな生き方がもてはやされ、

近年は、健全、ポジティブ、スピリチュアル、LOHASな生き方が求められています。

この風潮は、人間本来のあり方に戻りつつある兆しだと言えるでしょう。

もはや、人々を堕落させ、悲観的にさせる哲学や思想は流行りません。

20世紀は、科学技術は高度に発達しましたが、
思想信条においては、退歩して逆行現象を示しているのです。



パラダイムシフトを起こしましょう。

それは、人口の一定の割合を超えると起こります。

宇宙は、愛や無限のエネルギーで満たされていて、
人間には、永遠の生命や無限の可能性が与えられている、
ということが、常識となるのです。

人々に意識変革が起こると、地球もまた輝きに包まれ、愛の星となるでしょう。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。