FC2ブログ
原発や電気は、とっても大切です!


コピペ
2011年5月27日 フジサンケイビジネスアイ【ついき秀学のMiraiVision】

原発事故や電力供給をめぐって、
菅直人政権の無能、無策、無責任ぶりがますますあらわになってきました。
東京電力福島第1原子力発電所1号機への海水注入中断問題が、20日頃から論じられています。
3月12日午後、津波被害で真水注入が停止して水素爆発を起こした1号機を冷却するために、
東電が同日夕刻に同機への海水注入を開始したところ、
再臨界を恐れた菅首相が注入を一時中断させたという報道がその発端です。
複数の政府関係者の証言では、菅首相が東電の海水注入について「聞いていない」と激怒し、
注入を停止するよう指示したとされています。
しかし、5月23日の衆院特別委員会で菅首相は、「(東電による海水注入の)報告はなかった。
報告が上がっていないものを『止めろ』と言うはずがない」と答弁しており、
関係者の証言と完全に食い違っています。

◆嘘をついてもボロが出る?菅政権

どちらが真相を語っているのか断定できる証拠は出ていません。
しかし、注水中断が問題になる前の5月2日の参院予算委員会で、
海江田万里経産相は1号機の海水注入について、
「再度重ねて首相から『本格的な注水をやれ』」という指示があったことを明らかにしています。
菅首相が少なくとも注水の事実を知っており、
その上で注入再開を指示した、と理解するのが自然な答弁内容です。
また、政府・東電統合対策室は21日、官邸で海水注入を検討した折に、
原子力安全委員会の班目春樹委員長が菅首相に、
「(海水注入で)再臨界の危険性がある」と指摘したと発表、
細野豪志首相補佐官も22日のテレビ番組で、注入中断の背景にこの指摘があったと説明しました。
ところが、当の班目氏はそのような発言は「絶対に言っていない。
(対策室の説明は)私に対する侮辱だ」と抗議し、結局対策室は、
班目氏が「(再臨界の)可能性はゼロではない」と発言したと訂正しました。
事故対応の経緯説明でこのように混乱をきたすのは、
やはり菅首相が中断を指示したにもかかわらず、
これを嘘で固めようとして、しかし固めきれずにボロが出たと見るのが素直な見方でしょう。
事故の渦中で誤った判断を下しておきながら、これを追及されそうになると、
慌てて嘘をついて、責任を東電に押し付ける形で言い逃れを図る――。
そんな卑怯な人間ではないかと嫌疑をかけられる人に、
国家として最大級の難局への対応を託さなくてはならないこと自体、国民の大きな不幸です。

◆浜岡停止で広がる電力供給不安

思えば、中部電力浜岡原発の停止要請も卑怯なやり方でした。
法律を無視した、閣議決定もなされていない「要請」を中部電に突き付け、
中部電は「国の指示・命令と同義だ」と受け止めて、首相の要請を受諾しました。
これでは原発停止の責任は政府にあるのか中部電にあるのか、はっきりしません。
原発停止で不都合が生じても、
菅首相は「中部電が決めたことだから」と責任逃れができる図式になっています。
実際、浜岡原発の停止によって、全国に電力供給不安が広がりつつあります。
中部電による他の電力会社への電力融通が無くなったのはもちろん、
浜岡停止についての説明の不十分さから各地原発の地元の態度硬化を招き、
停止中の原発の運転再開がいっそう困難になりました。
既に九州電力は、停止中の玄海原発が運転再開のめどが立たないことにより、
7月から企業や家庭に最大15%の節電を要請する方針を打ち出しています。
電力供給不安で経済活動が全国的に落ち込めば、企業業績の悪化や産業の空洞化、
雇用の喪失が深刻となり、日本経済に致命傷を与えかねません。
今、政府が緊急に行うべきなのは、安全対策を徹底した上で原発の再稼働を推進し、
十分な電力供給量を確保することです。
残念ながら、今の政府はほとんど節電しか考えておらず、この点で無能無策の極みです。
電力供給に責任を取ろうとしない菅政権には、一日も早く退陣してもらわなければなりません。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



反コンクリートから人へ!








クリックして愚僧の活動に御協力ください。
ここのところコピペばかりでありますが・・・

師走に入り、ますます動き始めています。

政界しかり、宗教界しかり。

天上界においても、熾烈な戦いが繰り広げられている・・・

まさか、こんなことになろうとは・・・

しかし、必ず、根本仏が勝利する、と、信じています。

くしくも、昨日は、大講演会が開催され、

主によって「世界宗教入門」が説かれました。

副題は、地球人へのパラダイムシフト!

・・・・信仰のある宇宙人もいる、ということ。

まさに新時代の幕開けです。

そして、なんと、会場の横浜アリーナ上空には、色や形を変える美しい100機のUFOが現れた!!

このような奇跡を見ても、、人々は、まだ、主の力を信じようとしない。

ファイナル・ジャッジメントが近づいている・・・

愚僧も、変革の時!

先ほど、意を決して、最寄りの支部に電話をしました。

支部長さまに、名前を告げた。。。

近日中に、エル・カンターレ祭に行ってきます!

ついに支部デビュー??

日々、精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
待ってました!ジャパニメーション最高!!








クリックして愚僧の活動に御協力ください。
お盆期間中は、このブログはお休みいたします。

みなさま、すばらしい夏休みをお過ごしくださいませ。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
幸福実現党は、不死鳥である!!

わが国では、サヨク的でないと票は取れない。

幸福の提示するビジョンは、戦争も辞さないし、経済面では悪名高き新自由主義かのように見える。

おまけに、大統領制を主張し、アメリカ型の移民政策も推奨している。

強者の理論と取られても、しかたがないものだ。

人々は、勝ち組、負け組み、という価値観にうんざりしている。

幸福の政策の底流にある主の偉大な智慧や先見性は、その超越性ゆえになかなか理解されない。

日本の場合は、保守といってもほとんどサヨクばかり。

どの党も、選挙の為の選挙を展開していた。

票を取るためには、あることは隠し、あることは嘘をついて主張するのだ。

愚僧が、昔、維新政党・新風に期待して投票した時も、その結果を見て愕然としたものだ。

この国で、正論を吐いても人気は出ない。

むしろ嫌われる。

人々は、中共による侵略の話とか、北朝鮮の核攻撃の話など聞きたくもないのだ。

このままだと、福祉も年金も成り立たたなくなることなど、知りたくないのだ。

波風を立てないでくれ、と、たのむから平和に暮らさせてくれ、と。

今、が幸せならば、それでいいのだ、と。

幸福が、耳障りのいいことを言う女性党に比例の得票数で負けたのもうなずける。

国民は、大きな危機に直面してから、ようやく、あたふたと慌てるのであろう。

しかし、それでは、遅すぎる。

幸福は、嫌われても、大損しようとも、嘲笑されようとも、これからも訴え続けることだろう。

人類の幸福を願うがゆえに。

明るい未来を拓くために。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.04.30 うれしかなし
わが寺院に、幸福実現党からの郵送物(はがき)がキター。

その内容は、党員番号とマイページ登録のお知らせだ!

党員用マイページのコンテンツはなかなかに充実している。

うれしいー!

がしかし、

郵送物の受け取りを拒否して、隠れて党員になったのに、住職にバレテシモウター

そのはがきは、こっそりと机の上に置かれていた。

何も言われなかった。

あるいは気づいてなかったのかもしれない。

このような事態も予測して、いい訳は考えてあるので・・・ま、いいか(笑)


国難が迫っている、これからはより一層の精進をせねばならない。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
『西郷隆盛の霊言』と『勝海舟の霊言①②』を拝聴するべく聖地に行ってきた。

ご本尊には驚いた。

ご生誕の地ならではであった。

まだ、仏陀が御存命だというのは、何とありがたいことだろうか?

そのお姿には、涙が出そうになった。

潮風が心地よく、お天気も最高の一日だった。

精舎内は、清冽な雰囲気で笑顔が溢れていた。

それとうってかわって霊言の方は、

教団や党への厳しい批判に満ち満ちていた。

こんなものまで一般公開しているのか。

自らの恥部を隠すことなく曝け出し、

欠点を改善していこうとするその姿勢に、

全人類救済を目指す世界宗教の凄みを感じた。

でも、いくら高級霊とはいえ、仏の創った団体に対してここまで言うのか。

仏法僧への三宝帰依を貫く姿勢を尊重して欲しいとも思った。

このままでは、日本は確実に消滅するということである。

厳しいが、これも愛なのだろう。

愚僧も日々、精進しなければ。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.04.07 予約した
また一つ大人の階段を昇った。

愚僧は、今日、とある幸福の科学精舎に電話をしたのだ。

噂の霊言というものを拝聴するために。

職員の方には、とても優しく親身なるご対応をいただいた。

恐れていたようなことは何も起こらなかった。

来週に「勝海舟の霊言」「勝海舟の霊言②」「西郷隆盛の霊言」を予約した!

全部で6時間もの仏陀による公開霊言の映像が見れるのだ!

しかも霊になったあの維新の士、西郷先生や勝先生から叱られるのだ!

またとない奇蹟である。

精進してきます。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
最近は更新も滞っております。

情報の大海に溺れる日々・・・。

愚僧は、リアルでは、相変わらず一歩を踏み出せないままです。

しかし、悶々としていてもはじまらない、ということで。。

姉上さまとあえば先生のブログの後押しによって、

今・・・決意しました。(そんな大層な)


全国にある「幸福の科学」の精舎では、現在、
「諸聖賢の長時間に及ぶ光のメッセージ」が次々と公開されている、ということです。

それを近日中に、拝聴してまいります!

実は初めてのことなのでかなりびびっています。

自意識過剰なので、

場違いで浮いてしまうのではないか・・・

どういう方法で隠れ信者という身分をあかせばよいのか・・・

袈裟スタイルでは、さすがに恥かしいので、スーツを着用しようか・・・

根掘り葉掘り尋問されたり、叱られたりはしないだろうか・・・

とか、いろいろと考えてしまうのですが(笑)

案ずるより産むが易しですよね!

まずは日程調整と、
たくさんあるプログラムの中からどれか一つを選んで、最寄りの精舎に電話予約をすること。

はたしてどうなることやら


無時に拝聴出来た暁には、また報告させていただきます。


日々、精進です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。