FC2ブログ
2008.04.05 仏教の祈り
三奉請という、
中国浄土教の僧、善導の「法事讃」にある偈文があります。

浄土教では、これを儀式や法事の始まりに唱えます。
仏の来迎を、請う儀式がまず行われ、
その後に、読経が勤められるのです。

三つの奉請とは、

 奉請弥陀如来入道場 
 
 尊敬もうしあげる、弥陀如来(無量寿仏)様、
 どうか、この場所にやって来てご加護をください。

 奉請釈迦如来入道場

 尊敬もうしあげる、釈迦如来様、
 どうか、この場所にやって来てご加護をください。

 奉請十方如来入道場

 尊敬もうしあげる、十方の如来様方、
 どうか、この場所にやって来てご加護をください。


という、
壮大な祈りの言葉なのでした。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.04.05 竜樹の戒め
空を誤解すると、虚無主義となり、
あの世や霊魂の存在を否定するようになってしまいます。

現代の仏教界はまさに、この誤りをおかしています。

空思想の大成者、哲学僧竜樹は、
その著書「大智度論」の中で、こう言っています。




「一切法畢竟空しにて来無く如何が死して生有らんや」と。 
是の如き等の種々の邪網顛倒の心を断とす。 
是の故に仏は種々の因縁もて広く死有り生有りと説き給えり。 
若し諸法は総て空ならば、此の品中に往生を説くべからず。 
只諸法中の諸法中の愛著邪険を見顛倒の見を除かんが為の故に畢竟空と説く。 
後世を破せんが為に非ず。 
汝天眼無きを以ての故に後世を疑い自ら罪悪に陥らんとす。 
是の罪悪因縁を遮らせんが為の故に種々往生を説く。

現代語訳

「一切は空であるから、死ねばいのちは終りで、霊魂も無い。」
とこのような、邪説、転倒した見解を、断見と呼ぶ。
こういう者がいるから仏は、
様々な因縁譚をもって、広く、死後のいのちはあると説かれている。
もし、本当に諸法が全て空しいならば、仏法の中で、極楽往生は説かないはずだ。
ただ、愛欲や邪険などの間違った見解を正すためにだけに、空を説いているのだ。
あなたは、天眼通(霊能力)を持っていないが故に、
死後の生を疑い、そして自ら、間違った法を説き、罪悪を造ることとなる。
私は天眼通を持っているから死後の世界がわかるので、
この罪悪因縁を遮ろうとして、往生の諸相を説くのである。



是の般若波羅密の中の、種々の因縁譬喩は多くは空法を説く。
新発意の者あり、空相を取りて、是の空法に著し、
生死の業因縁の中に於いて疑いを生ず。
「もし一切法は畢竟空ならば、来無く、去無く、出無く、入無きの相なり。
いかんが死して而も生ずる有らん。現在眼に見る法すら尚を有るべからず。
いかに況や死して後、余処に生ぜんこと、見るべからずして而も有らんや」と。
是の如き等の種々の邪疑、顛倒の心を断ずるを為す。
是の故に仏は種々の因縁もて広く死有り生有るを説きたまえり。

現代語訳

この般若経典の中では、いろんな因縁譬喩の多くが、
空の理法について説かれている。
仏道修行の新参者が、この空相を誤解し、空法にとらわれて、
流転輪廻中に働くカルマの法則、業報縁起の理法に疑いを持つことがある。
「もし、一切の現象がつづまるところ、空であるならば、この世に来ることは無く、
また去ることも無く、生まれ出ることも無く、入って行くことも無いはずである。
どのようにして死んで、その後に生まれるということがあろうか。
現在、眼に見えている物質世界すら、有るということは言えないはずなのに。
どのようにして死んだ後、あの世に生まれることが出来るのか、
見る事もできないのに、あの世は有るというのか。」
とこのようなさまざまな邪疑の心、顛倒の心を、止めさせ、
正しい信仰の道に入らせる為に、
釈尊はさまざまな因縁譚をもって、
広く、死後の世界は存在するということを説かれるのである。





このように、当時から、空思想を理解しないものがいたことがわかります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.05 菩薩の転生論
仏教では、輪廻から解脱することを目標にしますが、
そのことは、虚無になることや、二度と生まれない、
ということを意味するものではありません。
菩薩や如来は、救済の為に、慈悲や愛ゆえに、転生するのです。


菩薩は有情を饒益せんと欲するがために、
願って悪趣に生じ、意に随って能く往く。


「異部宗輪論」

もし菩薩にして願って悪道に生ぜんと欲することあらば、
願力を以ての故に即ち往生(この世に生まれる)を得、
菩薩は衆生を教化成就せんがための故に悪道に入るなり。
煩悩ならびに業に繋縛せらるるが故にこの生を受くるにはあらず。


「部執異論」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.05 霊的進化論
アルフレッド・ラッセル・ウォレスは、
イギリスの生物学者、人類学者であり、
生物地理学の父とも言われています。
ダーウィンと同時代、独自に自然淘汰説の進化論を唱えましたが、
その業績は、忘れられています。

ウォレスは、終始、進化論の擁護者でありましたが、
晩年には、人間には、自然選択説はあてはまらないとし、
霊的で目的論的な創造力が進化を導いていることを主張しています。

ウォレスの言葉です。




あらゆるところで目に見えない力や運動がはたらいていることを感じとることができ、
またそこから、進化の主要因たる崇高で強力な指導魂の存在を類推することが出来る。


「生命の世界」

一、人間は肉体のほかに目に見えないエーテル質の身体を備えている。
   それは出生時から肉体とともに成長し、それ相当の器官を備えている。
二、死とはそのエーテル体が肉体から永久に分離する現象であって、
   人格そのものは道徳的にも知的にもなんらの変化も生じない。
三、知的ならびに道徳的進化向上が各自に負わされた永遠の宿命である。
   地上生活で身につけた知識、精進、体験のすべてがその基礎となる。
四、死後も地上の霊能者を通じて人間と直接の通信が可能である。
   また霊能者を通じなくても、日常生活において地上の愛する人、
   志を同じくする者へ念波によってかげながら忠言を与え、守護し、
   正しい「人の道」へ導くことができる。


「心霊と進化と」




今こそ、競争原理による進化ではなく、
ウォレスの主張した霊的進化論こそ、再認識されるべきです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.05 大天使
キリスト教でいわれる、大天使というのは、仏教でいう如来のことです。

彼等は、当然、霊人ですから、輪廻転生をしています。

ユダヤ教、イスラム教でも、大天使は信仰されています。

大天使達は、
どのような方々として転生されているのでしょうか?

最近の、霊界情報であきらかにされています。

それぞれ、
 
 大天使長ミカエル→マルチン・ルター 

 大天使ガブリエル→レオナルド・ダ・ビンチ

 大天使ラファエル→ダンテ

 大天使サリエル→薬師如来→エドガー・ケイシー

 大天使ウリエル→シーザー→ゴルバチョフ

 大天使ラグエル→シュバイツァー

 大天使パヌエル→クレイステネス→クロムウエル

だそうです。

このように、如来は、人類を救済する使命を持って転生しているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
愚僧は、ブログ初心者なのであります。
かつ、見切り発車で始めたブログでありますので、

はたして、コンセプトはこれが正しいのか?

今後は、どう展開していけばいいのだろうか?

賛同してくださる方はいるのだろうか?

こんなブログを見て、第三者はどう思うのだろうか?

誤字脱字、変な文章の癖は無いだろうか?

内容に関して、人様に見せる水準にあるものだろうか?


などなど、気にすることしきりなのです。
という訳で、何かコメントや拍手などをいただけたら幸いです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.05 睡眠の不思議
睡眠というのは、神が与えた巧妙な仕組みです。

そして、大変、不思議な行動です。
毎日、記憶を失う訳ですから、小さな死だとも言えます。

睡眠に関しては、現代科学でもまだまだ解らないことが多いそうです。

私達は、人生の三分の一を、睡眠に費やします。

効率が悪いようにも思いますが、
睡眠中には、心身を休め、エネルギーを補給しています。

また、睡眠中には霊体が、
肉体を抜け出して霊界に参入していることがあります。

実は、霊界で、
霊人からメッセージを貰っていたり、
魂の兄弟に会っていたり、
いろんな体験をしているのですが、
起きた時には、忘れていることが多いのだそうです。

そして、私達は睡眠中に夢を見ますが、

この夢の中でも、
カラーでリアルな夢、空を飛ぶ夢、高速で移動する夢、
場面が切り替わる夢、何度も目が覚めても同じ夢、の場合は、
実際に、霊界に行っている可能性が高いようです。

夢での霊界体験は、安全なので、誰にでも霊的修行が出来るのです。

夢を見ている時は、その夢を現実だと思っています。
そして、目が覚めると、また現実がやってきます。
しかし、現実だと思っているこの世界は、実は夢であって、
夢の霊的世界の方が、現実であるとも言えるのです。

まさに、荘子の「胡蝶の夢」の世界であり、
この世は仮の世なのです。

私達の魂の故郷を思い出させるため、
本来は霊的存在であることを忘れてしまわないように、
このようなシステムが作られているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。