FC2ブログ
法華経は、特に人気の高い経典です。

聖徳太子の時代から、現代にいたるまで、
最も功徳や利益のある経典だと言われ続けています。

その特徴は、
どのような機根のものでも、等しく平等に救われるという一乗思想、
釈迦如来は久遠実成の本仏であって、唯一の仏だとする点、
全28品からなり、それぞれ物語や比喩により、巧みに仏法が説かれている点、
にあります。

聖徳太子をはじめ、最澄、日蓮、道元などがこの経典を信奉しました。

戦前には、日蓮宗の僧侶田中智学が還俗して、
国柱会を結成し、仏教思想にもとづく国家建国を唱えました。

宮沢賢治や石原莞爾なども国柱会に入っていました。

このお経には、それほど、影響力があるのです。

法華経信者であった霊能者、北一輝の遺書からも、
その影響力がうかがえます。


子に与ふ 

大輝よ、此の経典は汝の知る如く父の刑死する迄、読誦せるものなり。
汝の生るると符節を合する如く、突然として父は霊魂を見、
神仏を見、此の法華経を誦持するに至れるなり。 
即ち汝の生るるとより、父の臨終まで読誦せられたる至重至尊の経典なり。
父は只此法華経をのみ汝に残す。
父の想ひ出さるる時、父の恋しき時、汝の行路に於て悲しき時、
迷へる時、怨み怒り悩む時、又楽しき嬉しき時、
此の経典を前にして南無妙法蓮華経と唱へ、念ぜよ。
然らば神霊の父直ちに汝の為に諸神諸仏に祈願して、汝の求むる所を満足せしむべし。
経典を読誦し解脱するを得るの時来らば、父が二十余年間為せし如く、
誦住三昧を以て生活の根本義とせよ。
即ち其の生活の如何を問はず、汝の父を見、父と共に活き、
而して諸神諸仏の加護、指導の下に在るを得べし、父は汝に何物をも残さず、
而も此の無上最尊の宝珠を留むる者なり。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.04.08 意識の謎
脳と意識の関係は、現代科学でも最大の謎です。

「心脳問題」と言われ、一番関心の高い分野でもあります。

記憶は脳細胞のどこにあるのか?
何故、脳細胞は入れ替わるのに、記憶は保持されるのか?
意識は脳によって作られるということは、脳は、考える肉なのか?
どのようにして物体から意識が生じるのか?

まさに謎だらけです。

科学者の見解をみてみましょう。



B・ジョセフソン ケンブリッジ大学物理学教授

われわれは、一般的意味における精神なる概念を、
物質(肉体)とエネルギーを伴った意識経験の諸現象の場として用いている。
周知のごとく、星間物質の凝縮から生まれた
一個の星の持つ物理的に観察されえる諸特性は、
その星の発生時における環境の諸特性とは完全に異なったものであるが、
同様にして、通常われわれと関わりのある物理学は、
精神と意識の原初的物理学とはまず無関係なものであって、
後者を探索せんとすれば瞑想のごとき技術にすがる他ない。


R・マトゥック コペンハーゲン大学物理学教授

意識は非局所的である。
脳という空間的限界を越えて遥かかなたまで広がりえるものであると考えられる。
であるから、他人の脳のシナプスにおける粒子にも影響を及ぼし、
メッセージを伝達することが可能であろう。
同様に物質は全て原子粒子をもって構成されているから、
意識は遠隔の物体に対して変化を引起こすことができる。
例えば、物体の移動、ベンティング(変形)、高温化などを引きおこすことも可能であろう。
また、意識は生命組織中に変化を生じさせることもできよう。


D・ボーム ロンドン大学物理学教授

意識というものは、人々の考えるような物質というものに完全に依拠し、
かつそこから派生していることを意味するものではない。
ひょっとすると意識とは、
さらに深遠な諸原理ならびに新種のエネルギーをも巻き込んだものであり、
或いは縹渺たる虚空の海にみちみちたエネルギーのかなたにまで、
及ぶものでさえあるかもしれない。


W・ペンフィールド  アメリカ マッギル大学教授 神経解剖学

私は研究者としての生涯を通じて、他の科学者と同じように、
心は脳の働きで説明できることをなんとか証明しようと試みてきた。
しかし今や、証拠をあるがままに見つめて、問題を問い直すべき時が来たと思われる。
いったい心は脳の働きで説明できるのだろうか。
現在脳について知られていることだけで、心を説明できるのだろうか。
もしできないとしたら、人間はひとつの要素(肉体)から成るという説と、
二つの要素(肉体と霊魂)から成るという説のうち、どちらの方が合理的だろうか。
いずれの説を採るにしても、
心の本体はまだ科学者の手の及ばない神秘だということに変わりはない。
しかしそれは、いつか科学によって解き明かされる神秘だと私は信じている。
その時には、真の預言者達は、長い間待ち望んだ真理の探求における盟友を、
科学者の中に見出して、喜ぶにちがいない。


H・ジャクソン イギリス神経病理学者

こころの本体とはなにかという問題は、あらゆる問題の中でも最も解きがたく、
また重要なものであろう。私は長い研究生活を通じて、
何とかして心を脳で説明しようとこころみてきた。
そして今、これまでに得られた証拠を最終的に検討しているうちに、
人間は二つの基本的要素(肉体と霊魂)から成るという説の方が、
合理的だと考えられることを発見して驚異の念にうたれているのである。
人間は誰しも自分の生き方と、個人的な信条を自分自身で選ばなければならない。
これは科学の助けを求めることはできないのである。
私も長い間、自分なりの信条を持ちつづけてきた。
そして科学もまた誰はばかることなく霊魂の存在を信じうることを発見したのだ。


このように、
聡明な科学者達は、唯物論の限界に気づいているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
僧侶は、まず魂の世界、死後の世界について学ばなければいけません。

人間は、輪廻転生をし、
永遠の生命の中で、霊的進化の為に修行している存在だということ、
これだけでも、最低限は伝えなければいけません。

死は永遠の別れではないこと、
あの世でもまた生活があり、修行があるのだということ、
これを説かなければなりません。

というか、これ以外に僧侶の仕事は無いのです。

今が、天然記念物となるか、
ニューエイジ僧となって霊的世界の普及に努めるか、の瀬戸際です。

私も精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.08 今西進化論
今西錦司氏は、
京都大学などで教鞭をとった生態学者、人類学者であり、
日本の霊長類研究の創始者として知られています。

晩年には、
突然変異と自然選択の進化論に異を唱え、

生物は共生しており、
種全体として生命を永続させるために協調しながら変化、進化していると主張しました。

また、自然をありのままに知り、全体性を認知するという「自然学」を提唱しました。

今西進化論では、
生命は、競争の結果や偶然、突然変異などによるのではなく、
目的、意味をもって進化していると主張したのです。

その思想の根底には、
人知を超越した働きを認めざるを得ないという、宗教的なものがありました。

遺作となる著書でこういわれています。


今まで、この世で生きた人間の中で、誰が一番偉かったか?
という質問に対する答えは、さまざまであろう。
私の用意した答えは、釈迦とキリストである。
この二人が、ほぼ時を同じうして、東西に現れたということは偶然なのであろうか?
釈迦やキリストが、この世を去ってから二千年、
いま人類は、核戦争の脅威にさらされている。
おそらく一億人の署名をもってしても、核戦争は回避できないかもしれない。
救世主は、われわれの力で創るわけにはゆかない。
これからの長い将来を考えると、釈迦やキリストのような不世出の偉人が、
もう一度、この地上に現れないとも断言できない。
しかし、今度現れる時は、一人で出てきて、
一つの世界宗教を創っていただいたら、それで十分のような気がする。


「自然学の展開」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
日本の釈迦、日本の教主と呼ばれ、
日本に「仏の浄土建設」を果たした聖徳太子は、

出家者ではありませんでしたが、
仏教興隆の礎を築いた仏教者としての他にも、
政治的天才、日本国家を確立した賢者、予言者、武道、医学、芸能の祖、
など様々な顔を持ち、謎につつまれています。

聖徳太子は、後の、日本の高僧、宗祖たちからも尊敬され、
ほとんどの宗派で、日本仏教の祖として崇められています。
親鸞の瞑想中に太子が現れ、導きを与えたエピソードは有名です。

太子は、仏教精神を基に、「冠位十二階」、「十七条憲法」を制定し、
大乗仏典の勝蔓経、法華経、維摩経をそれぞれ注釈した、
「三経義疏」を著しました。
また、貧窮者や病人、孤児を救うための悲田院や、
修行道場の敬田院なども建設しました。

太子は、仏教の知識以外にも、儒教、老壮思想、
風水占星術にも通じており、とにかく偉大な人物でありました。


その後、太子は、
アメリカで最も有名な大統領リンカーンとして生まれています。

リンカーンもまた、民衆を愛し、記憶力優れ、信仰篤き人でありました。

リンカーンは、霊界通信の交霊会に出席して、
霊媒からのアドバイスに対して、こう答えています。

「あなたは、たいへん非凡な才能をお持ちのようだが、
それが神から与えられたものであることに、私は一点の疑いも抱いていません。
私はおそらく、ここにいる誰よりも、今伝えられたことの重要性を理解しているつもりです。」

なんと、太子の魂は、日本とアメリカ、両国の建国に貢献した如来だったのです。


篤く三宝(仏・法・僧)を敬え、三宝とはすなわち四生の終帰、万国の極宗なり。
いずれの世、いずれの人か、この法を尊ばざらん。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
ニューエイジには、
クリスタルヒーリングがありますが、
これは、アトランティス時代の情報によるものだそうです。

アトランティスでは、クリスタルで太陽エネルギーを増幅させて、
植物を増進させたり、
医療に用いて切断された手足を再生させることも可能だったそうなのです。

また、今のパソコンのような通信機にも、
クリスタルが応用されていた、とのことです。

アトランティスはクリスタルの誤用が原因で沈んでしまいました。

当時のクリスタルは、大量に地下に埋まっていて、
それらはシリウスからの移住者が持ち込んだものらしいです。

そのクリスタルには、未だ解明されていない驚くべき使用法があるのだそうです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。