FC2ブログ
1970年代ごろに、宗教と科学の融和を目指して、
霊的次元をも包括できる科学理論を提唱するニューサイエンスが誕生しました。

これは、
近代科学の還元主義的、唯物論的、二元論的傾向への反省から始まっており、
次ぎ次ぎに新たな理論が誕生することになります。


カリフォルニア大学の物理学者フリッチョフ・カプラは、
「タオ自然学」を著し、華厳経の宇宙観や東洋哲学と物理学との類似を唱えました。
それ以降、神秘体験や宗教体験を視野においた科学理論が、
ニューサイエンスと呼ばれるようになったのです。

ニューサイエンスの代表者として、

「ホログラフィック」のカール・プリブラム、
「織り込まれた秩序」のデヴィッド・ボーム、
「グローバルブレイン」のピーター・ラッセル、
「自己組織化理論」のイリア・プリコジンやフランシスコ・ヴァレラ、
「形態形成場」のルパート・シェルドレイク、
「ガイア理論」のジェームズ・ラブロック、

などがいます。

これらの理論は、
マリリン・ファーガソンやエーリッヒ・ヤンツなどの科学評論家によって
「新時代のパラダイムシフトをひきおこす科学理論である」と評価され、
社会的認知を得るようになっていきました。

また、
ブライアン・オレアリーやエドガー・ミッチェルなどの元宇宙飛行士も、
この分野の研究活動に従事しています。

ニューサイエンスとして、統一的な見解はなくそれぞれの主張は異なりますが、
意識、未知のエネルギー、異次元世界、地球外生命体などを研究しています。

この分野では、実は日本にもたくさん科学者がいます。

「波動エネルギー研究」の足立育朗氏、
「高次元科学」の関英男氏、
「宇宙エネルギー研究」の深野一幸氏、
「意識情報エネルギー」の奥健夫氏、
「意識工学」の猪股修二氏、
「反重力研究」の早坂秀雄氏、

などなど。

近年、話題になった、
「The Secret」や「What the Bleep Do We Know」などの映画も、
このニューサイエンスの流れに位置づけられるでしょう。


一方で、ケン・ウイルバーのするように、
ニューサイエンスは、霊的次元と物理的次元を安易に結びつけすぎるという批判もあります。

また、主流科学界からの反発や無視、
権力構造や産業構造が激変するような問題であるため、
既得権益者達からの圧力などがあり、未だ評価は定まっていません。

しかし、そこには、無限の可能性が秘められているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.04.20 奇跡の祈り
現代の仏陀によるイエス霊示の祈りです。
奇跡であります。





神よ、私は、千里の道を、一歩、一歩と歩んでいるものです。
しかし、私の気力は萎え、私の体力は萎え、
今、老いたるラバのごとく、我が肉体と精神は弱っております。
神よ、しかし私は、この千里の道を、まだ踏破していないものであります。
この道の途上において、私が疲れのために倒れてしまうということは、
どうしてもどうしても、残念なことに思われるのです。
さすれば、神よ、我が疲れたる肉体に鞭打ち、我が疲れたる精神に鞭打ち、
我の前に、勇気ある人生を展開させ給え。
我の前に、希望ある人生を展開させ給え。
我の前に、迫力ある生き方を展開させ給え。
我は今、神に祈る。
我の今、欲せんとするものは、エネルギーなり。
我の今、欲せんとするものは、神の力なり。
我の今、欲せんとするものは、神の無限の英知なり。
我の今、欲せんとするものは、神の人を生かさんとする力なり。
我の今、欲せんとするものは、神の無限の勇気なり。
我の今、欲せんとするものは、神の無限の光なり。
神よ、我にすべてのものを与え給え。
かつてあなたが、我にすべてのものをお与えになったごとく、
今、旅において疲れておるこの私に、大いなる力をお授けください。
大いなる光をお与えください。
大いなる勇気をお与えください。
大いなる知恵をお与えください。
神よ、どうか我が前に、道を開き給え。
ありがとうございます。


神よ、あなたは人間を、完全なるものとして創られました。
そして、人間が完全なるものとして生きていくことが、
あなたの御心にもかなうものと思います。
私は今、人間として肉体を持ち、地上に生きておりますが、
あなたの当初の御心が完全なる人間を心に描いていたにもかかわらず、
今、我が身体の一部に病気が現われたかのごとく見えます。
しかし、私は、これが人間の本質ではないことを知っております。
あなたは、完全に人間を創られたのですから、
人間に病気というものは本来無いはずなのです。
人間には、健康しかないはずだからです。
なぜなら、神は健康な人間をお創りになったからです。
さすれば、私の今のこの病気は、決してこの地上において、
そのまま存続することが許されることではないと思います。
神よ、実相の世界において、あなたが健康しか創られなかったように、
この地上においても健康しか創られないことを私は信じます。
神よ、健康のために、私はこれから、あなたに祈りを捧げます。
どうか、我が身体に光をお与えください。
どうか、我が心に光をお与えください。
どうか、我が病気をお癒しください。
神よ、神よ、神よ、神よ。
神よ、あなたの力を私の身体にお与えください。
私の病める肉体をお癒しください。
私の病める肉体を、健康にお変えください。
神よ、あなたの名のもとに、すべてのことは可能です。
あなたの名のもとに、すべての奇跡が起こります。
神よ、私はすべてを信じます。
神よ、すべてを御心に委ねます。
神よ、どうか、この私の病める肉体をお癒しください。
あなたの、み足のもとに、私は今、お祈り申し上げます。
あなたの前にひれ伏し、あなたのお力を存分にお受けいたしたいと思います。
この病める肉体を、どうかお癒しください。
神の光流れる。
神の光流れる。
神の光流れ入りて、我が患部を治し給う。
神の光流れ入りて、我が病気を治し給う。
神の光流れ入りて、我に健康なる肉体を与え給う。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.20 幸せの国
欧米諸国や日本では、物質文明に疲れた人々が、
本当の幸せとは何だろうか、人間らしい生き方とはどういうものか、
ということを反省し、LOHASというものを提唱しています。

しかし、昔からこのLOHASを体現している国があります。

それは、ヒマラヤにあるブータン王国です。

この国は、仏教思想にもとづいて、
「幸せ」というものを計る「国民総幸福量」という概念を国家運営の指針として、
国の物質的繁栄よりも国民の幸せを優先するという姿勢を打ち出しています。

国の運営方針に、
「文化遺産の保護と伝統文化の継承」、「自然環境の保全と持続可能な利用」、「よい統治」、
を唱えているところは、まさにLOHASそのものであります。

ブータンでは、
2005年国勢調査で、「あなたはいま幸せですか」という問いに、
「幸せである」と答えた人が、なんと96.8%に達したそうです。

その数値の裏には、
輪廻転生を信じている人々の、
永遠の中の短い今世の人生を幸福に生きることが、来世への幸福に繋がるのだ
という仏教への篤い信仰心があるのでした。



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.20 護国の経典
「金光明経」には、
仏教経典のなかでは珍しく、政治論が説かれています。

この経典には、
正法をもって国を守ることの利益や、国王の正しいあり方、
国の繁栄、衰退の原因などが説かれているのです。

また、自己を滅却した正当な政治には、
弁財天、四天王、堅牢地神、四方四仏などの神々や仏天の加護があるとされています。

お釈迦さまは、もともと王子であったために、
当然のことながら政治論にも精通していたのです。

この経典は、わが国の国家形成に多大な影響を与えました。

聖武天皇による、この経典の全国流布、全国での国分寺建立にはじまり、
この経典の護国思想によって、国が治められました。


命、および国のために、正法を修行して、
悪を行ずべからず、悪、ほしいままにすべからずんば、
あらゆる余事、国を壊すること能ず。
悪は多姦によって、しかして後傾敗す。
もし多姦を起こせば、国土を壊すること、
たとえば大象の、蓮華池を壊するがごとし。
諸天を怨恨せしむ、故に天、悩を生じ、
諸の悪事を起こして、その国に弥満す。
この故にまさに、正法に随って世を治め、
善をもって国を化し、非法に順ぜざるべし。
むしろ身命を捨つるも、眷属を愛せざれ。
親非親において、心つねに平等にして、
親非親を視て、和合して一となせよ。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.04.20 地球の大きさ
YouTube動画貼り付けテストです。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
「語録の王」と言われる「臨済録」から、
臨済慧照禅師の説法です。
本来の禅宗は、ただ坐禅を組むだけではありませんでした。
臨済は、霊的覚醒を得ていたと思われます。




諸君、三界(この世)は安きことなく、火事になった家のようなところだ。
ここは君たちが久しく留まるところではない。死という殺人鬼は、
一刻の絶え間もなく貴賎老少を選ばず、その生命を奪いつつあるのだ。
君たちが祖仏と同じでありたいならば、決して外に向けて求めてはならぬ。
君たちの本来の心に具わった清浄の光が、君たち自身の法身仏なのだ。
君たちの本来の心に具わった、思慮分別を超えた光が、君たち自身の報身仏なのだ。
また、君達の本来の心に具わった差別の世界を超えた光が、君たち自身の化身仏なのだ。
この三種の仏身とは、今わたしの面前で説法を聞いている君たちそのものなのだ。
外に探し求めないからこそ、このようなすばらしいはたらきを具えているわけだ。
しかし、この三種の仏身もまた、仮の衣である。
諸君、君たちは、その光影を放つ本体である仏性を識取しなければならない。
これこそが、諸仏の本源にして、あらゆる修行者の終着点なのだ。
君たちの四大元素からなる、生身の肉体が説法や聴聞をするわけではない。
君たちの五臓六腑が説法聴聞するわけではない。虚空が説法聴聞するわけでもない。
では、一体何が、説法や聴聞をするのであろうか。
今わたしの面前にはっきりと存在し、肉身の姿形なき独自の輝きを発している、
君たちそのものの金剛(ダイヤモンド)心が、説法や聴聞をしているのだ。
こう悟ったならば、君たちは祖仏と同じ境地であって、
いつでもとぎれることなく、見るものすべての本質が理解できる。
想念が起こると智慧は遠ざかり、思念が移り変われば本体が様変わりしてしまうので、
迷いの世界に生まれ変わって、また様々な苦しみを受けることになるのである。
しかし、この極まりなく深遠な見地に立ったならば、解脱にいたることができる。


「臨済録」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
愚僧は、この情報は本物だと考えています。

みなさんは、どう思われますか?




親愛なる地球の皆さん

あなたがたの何人かとはすでに電話で話をしています。
その人たちは、肉体的にも精神的にも大きく傷ついている解体しかかった、
あなたがたの社会に介入してくるよう、何度となく要請してきました。
もちろんわたしたちが介入して、ほとんど魔術的なやり方を伝え、
癌や深刻な心臓病や免疫システムへのウィルスの攻撃と闘うこともできます。
無公害で経済的なエネルギーを作ったり、
大量に食用たんぱく質や脂肪を作るレシピを教えることも可能です。
基本的人権や社会的公正を尊重するような、統治の実践的システムを示すこともできます。
そうすれば人類社会は再構築が進み、エデンの園が現実のものとなるでしょう。

われわれは反物質を合成して簡単にエネルギーを作り出し、
それを真空容器の中に反重力的な宙吊り状態にして保存することができます。
それを同量の通常の物質と反応させながら少しづつ解放するのです。
そうすれば生じるエネルギーは融合プロセスへと導かれます。
こういうエネルギー源があれば化学反応も何の問題もなくコントロールできるのです。
水や酸素や砂などのごく単純な原材料から、
たんぱく質ばかりでなくどんな物質も作り出すことができます。
われわれのシステムによれば作り出せないものはないのです。
オリジナルがあれば、それを一つ一つの原子レベルで分析し、
原子一つ一つのレベルで空気中の窒素などのごく単純な物質から、
原子合成によってこの物質のクローンに占めるべき位置を確認しながら、
完璧なコピーを作るのです。これがわれわれの生産システムの基礎なのです。

自然な進歩を続けている、
あなたがたの社会進化の過程に介入する決定は、まだ一度もありません。
とはいえ核をめぐる紛争、プラズマやバイオテクノロジー兵器によって、
あなたがたの社会ネットワークが危機的状況になったと探知した暁には、
介入することを真剣に考えるし、実際にするでしょう。
強調しておきましょう。地球人がみんな姿を消してしまうと確信しない限り、
わたしたちの介入は倫理的に正当化されないと思います。

とにかくあなたがたに迷惑をかけたような種族はありません。
訪問先の惑星の進化のプロセスを乱してはならないという宇宙の倫理を、
どの種族も皆尊重したからです。しかし、ひとつ例外もありました。
この高度に発達した種族は、脳をコントロールする技術に優れ、
地球人を神経心理学の実験のためのモルモットにしようと思いついたのです。
宇宙の倫理を踏みにじって、地球人の生命の統一性を完全に無視して、
彼らは多くの人間をサンプリングして、その脳を操作しました。


「宇宙人ユミットからの手紙」ジャン=ピエール・プチ





とにかく、地球が危機的状況にあることだけは確かです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。