FC2ブログ
本来の仏教では、
可視的な存在以外にも、霊的存在を認めます。

お釈迦さまの言われる化生の生体とは、
まさに、心霊界の存在であります。




サーリプッタよ、つぎのような四の生体があります。四とは何か。
卵生の生体、胎生の生体、湿生の生体、化生の生体です。
それでは、サーリプッタよ、卵生の生体とは何か。
サーリプッタよ、かのもろもろの生けるものにして、
卵の殻を破って生まれるものがいます。
サーリプッタよ、これが卵生の生体と言われます。
ではまた、サーリプッタよ、胎生の生体とは何か。
サーリプッタよ、かのもろもろの生けるものにして、
子宮膜を破って生まれるものがいます。
サーリプッタよ、これが胎生の生体と言われます。
ではまた、サーリプッタよ、湿生の生体とは何か。
サーリプッタよ、かのもろもろの生けるものにして、
腐った魚の中に生まれたり、腐敗した屍とか腐った麦パンの中とか、
ドブ池とか下水に生まれるものがいます。
サーリプッタよ、これが湿生の生体と言われます。
ではまた、サーリプッタよ、化生の生体とは何か。
諸天、地獄の者、ある人々、ある苦処の者たちです。
サーリプッタよ、これが化生の生体と言われます。
サーリプッタよ、これらが四の胎です。

サーリプッタよ、このように知り、このように見る私のことを、
「沙門ゴータマには、人法を超えた最勝智見がない。
沙門ゴータマは法を説いているが、それは推論に溺れ、
思索に追従し、自己を顕示するものである」と言う者がいるかもしれません。
しかし、サーリプッタよ、その言葉を断たず、その心を断たず、
その見を捨てないならば、かれは運ばれるがままに地獄に置かれます。
たとえば、サーリプッタよ、比丘が戒をそなえ、定をそなえ、
慧をそなえているならば、現世において完全智に到達するようなものです。
サーリプッタよ、まったくそのように、私はこれを語ります。
その言葉を断たず、その心を断たず、その見を捨てないならば、
かれは運ばれるがままに地獄に置かれます。


パーリ原始仏典中部第12経「大獅子吼経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



輪廻転生は、人類にとって最も重要な思想です。

そこには、私達の本質である魂が、
幾多の生涯を繰り返し成長していく神秘が隠されています。

この思想を受け入れることで、人生の意味は大きく変わってきます。


アメリカの心理学者ジナ・サーミナラ氏が、素晴らしい考察をおこなっています。




心霊主義団体やその出版物を、
もう少し雅量のある態度で時間をかけじっくりと研究するならば、
次に示すような幾つかの重要な価値を見いだすこともできよう。

一、超能力によって超感覚的知識の有効性を認識すること。
   まさに科学はこの方向へ向かっているのである。

二、人生の精神的真実と目標を認識すること。
   心理学においては、たぶんこのことが最大の盲点であり欠陥であろう。

三、一見異なるように見える宗教、哲学、物理学、
   心理学、超心理学を根元的に結ぶ一体感。

四、一国の一文化の倫理、道徳ではなく、グローバル(世界的)な合目的の哲学。

五、未確認ではあるが、大宇宙と人間性に関して計り知れないほど重要な、
   新知識を導き出す可能性ある多くの情報。


もし、心理学者が特に輪廻転生論に注目するならば、
さらに次のような価値を見いだすだろう。

一、同性愛、多重人格、狐つきによる精神異常などの、
   人間の精神生活における説明しがたい現象に対する解答。

二、人間の苦悩や限界に対する根本的原因。

三、個人差の原因に対する洞察。

四、肉体と精神の関係に対する深い理解。

五、潜在意識の原動力に対する重要な手がかり。


『考えることを学び、愛することを学ぶべし。』
これこそ私には実践的輪廻転生論者の哲学大要のように思えるのである。
愛の質を高め、理知能力を増すことは、
両方とも意識的に発展させる必要があることである。
そのためにわれわれは、多くの生まれ変わり、
出で変わりの生涯を持っているのだと私は信じている。
悲しみ、敗北感、失敗などを通し、すこしずつわれわれは、
洞察力や思いやりの両面を開発させているのである。
個人的なものから宇宙的なものへ、自己愛から他者への愛へ、
感情的愛から崇高な愛へ、無限に広がる同心円の中で、
われわれの愛の本質は拡大しており、それにつれ、
われわれの理解力も増大するのである。
最終的には英知と呼ばれる愛と知性の完全な平均調和安定なのである。
これこそ、われわれの多くの生涯と多くの愛の目的であると私は確信するのである。


「MANY LIVES,MANY LOVES」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.06.06 正しい教え
神は法則。

神は公平。

全てのものごとには意味があり、偶然は存在しない。

カルマの法則は科学的真実。

愛は与えるものに、さらに与えられる。

信仰と愛の実践は、幸福への道。

仏教で否定されるのは、奪う愛。

釈尊は、こう言った。

「全ての生きとし生けるものたちの幸福のために修行せよ。」

「何事もよく観察し、判断した後でそれが合理的であり、
個人にも万人にも良く、そして有益である時には受け入れて活用せよ。」

仏教のどこにも間違いは無い。

僧侶は、精進しなければならない。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。