FC2ブログ
あの世の霊人から見れば、
この世の宗教の違いなど問題になりません。

真実を知れば、
私達がいかに無意味なことにこだわりつづけているのかが分かります。

二十世紀の初頭に、
霊界の仏陀やイエスの指導のもとで、地上での霊界思想の普及運動が計画されました。

そして、匿名の高級霊が、自動書記や霊言現象という形で、
地上の霊媒に様々な霊的知識を伝える、ということが行われたのです。

霊界側は常に、私達に真実を知らせるために働きかけているのです。




私はそれぞれの宗教界において、
真面目に勤しんでいる人たちを非難しようとは思いません。
が、その人たちは、苦しんでいる世の中の人のために役立つことは何もしておりません。
教義は無味乾燥です。ドグマは不毛です。視野は旧態依然としており、
新しい流れがどんどん通り過ぎていきつつあることに気づきません。
われわれは地上の多くの場所で悪性のガンを生み出している貪欲、強欲、私利私欲が、
一掃された新しい世界の到来を告げる使者なのです。
あらゆる宗教的行為の中の最高の行為として「人のために自分を役立てること」を掲げ、
互いに扶助し合い、寛容し合い、
人間と動物の区別なしにすべてに哀れみの心をもつべきであると説きます。
本当にその気になれば地上天国は叶えられるのです。
それが今私たちが皆さんの協力のもとにたずさわっている仕事です。
俗世の悩みに襲われ、暗闇に閉ざされて気が滅入り、
疲れ果てあるいは塞ぎ込みそうになった時は、
霊的知識を手にした皆さんは、
このまま野放しにしたら地上を破滅状態に陥れかねない物質第一主義の風潮に挑む、
戦いの中の戦いに選ばれた霊の大軍の一員であることを思い出して、
奮い立たないといけません。いつまでも絶望感に浸っていてはいけません。
私たちは決して見殺しにはしません。
援助を届ける通路さえあれば、奇特な心がけを無為に終わらせることはいたしません。
必要とあらば、いかなる援助でもいたします。


「シルバー・バーチの霊訓」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。    
スポンサーサイト



2008.06.12 Golden Chain
アメリカ仏教会で、広く詠唱されている「黄金の鎖」という聖句があります。
素晴らしい暗誦文ですので、是非、日本の僧侶も唱えたいものです。

Golden Chain
I am a link in the Buddha's golden chain of love that stretches around the world.
I must keep my link bright and strong.
I will be kind and gentle to every living being
and protect all who are weaker than myself.
I will try to think pure and beautiful thoughts, to say pure and beautiful words,
and beautiful deeds, knowing on what I do now depends not only my happiness,
but also that of others.
May every link in the Buddha's golden chain of love become bright and strong,
and may we all attain perfect peace.

黄金の鎖
私は世界中に張り巡らされた仏の愛の黄金の鎖の一環です。
私はこの一環を明るく強く保ちます。
私は生きとし生けるものに優しく寛容でありたい。
そして私よりも弱いすべての人々を守りたい。
私は今、自分の幸福ばかりでなく他者の幸福のためにできることは何かを知り、
清らかで美しい思いをいだくように、清らかで美しい言葉を話すように、
清らかで美しい行いをするように精進したい。
どうか、仏の愛の黄金の鎖の環すべてが強く明るく輝き、
私たちすべてが、ともに満たされた安らぎに到達しますように。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。