FC2ブログ
2008.06.14 光は東方から
仏陀と同時代に、しかも同じ国に生まれてくる、ということは奇跡的なことです。

昔の僧侶は、求法の為に命を賭けて天竺を目指しました。

その教えを書きとめるために、生皮をはいでも惜しくないと言った者もいました。

流通や情報網が発達した現代では、誰でも手軽に、その法を聞くことができます。

年々、リアルタイムでお経が作られているのです。

原語で聞けるために、細かいニュアンスまで理解できます。

漢文の読解に苦労することも、誤った翻訳によって誤読することもありません。

その教えには、誤解の余地が全くないのです。

ストレートに、胸に入ってくる仏陀の言葉は、単純で明快です。

2600年前に起きた以上のことが現代には起きているのです。

世界中で、この事実に気づいた人が、増え続けています。

光は東方から昇っています。

そして、すべての希望がここにあります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.06.14 日々精進
愚僧の現実の修行生活は、
日々精進というわけにはいかず、停滞中であります。(-。-)y-~~~

当ブログも、力量不足が露呈しています。

しかし、今後も地道にブログ修行を続けてまいります。

本当に激動の時代に突入しているようです。

今を生きることに集中して、精進いたします。


皆さまに、幸福がありますように。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.06.14 新しい光
この世では、
宗教は役に立たない慰めみたいなものと思われていますが、
あの世に帰ると、宗教が全ての世界です。

あの世は、念いが顕現する世界であり、霊的な光で満たされた世界です。

本当は、この世の物質も霊的エネルギーに還元されうるのですが、
その霊的存在の奥には、ただ仏神の光があるのみです。

物質世界は、霊的成長のための学校であり、愛を学ぶための場でもあります。

現代は霊的エネルギーが大量に流れ込み、
地球の大変化の時期を迎えていて、進化スピードが速まっているため、
私達は、数回・数十回分の転生と同じ経験がつめる特権を持っていると言われます。

古い価値観に縛られている人にとっては、難しいことですが、
ニューエイジの人々は、宗派を超えた「」を容易に信じることが出来ます。

心を開いている人は、内なる神を発見し、人間の偉大な創造力を認めています。

常識には、脆弱な基盤しかありません。

新しい光を受け入れましょう。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。