FC2ブログ
2008.06.21 学問と修行
仏道修行と、
仏教を字づらで捉える学問は全く別物です。

文献学者や言語学者に、仏教が理解できるはずもありません。

学者は、
自分の脳髄で把握できないものは何もないとばかりに、
仏典を読み、分析し、分類し、解釈します。

僧侶は、
およそ、この世には常識を超えた世界が存在することを認め、
仏典の真意を掴みとり、大宇宙の神秘に随順して、
その神法より智慧を授かるのです。

しかし、明治以降、西洋流の唯物論の興隆とともに、
神通や加持祈祷、霊能力、悟性、鎮魂行法等は蔑まれるようになり、
次第に僧侶自身も、仏教を学問や哲学の一種として修めるようになります。

近年においては、仏教界から人物が輩出されていないのはそのためです。


現代の僧侶のなかにも、真の行者は少なからず存在します。

しかし、
仏教者の多くが、唯物論者のごとくになっている現状は、憂うべきことです。

宗教の敵は、宗教にあり。
ボトルネックは、獅子身中の虫なのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.06.21 違いを超えて
宗教が、争いや分裂の原因を生んでいるのならば、
宗教によってこそ、それらは解消されていかなければなりません。

宗教は本来、素晴らしいものです。

既存宗教は、形骸化しセクト化してしまい、本来の輝きを失ってしまいました。
ニューエイジやスピリチュアルの勃興が、それを証明しています。

もはや、宗教や宗派の違いにこだわっている時代ではありません。


生前、世界最大のニューソート団体である生長の家を率いて、
万教帰一を唱え続けた、谷口雅春氏の言葉です。




すべていろいろの宗教が、分かれて、宗派別のようになっているのは、
それは、その時代の背景、その宗教が発生した民族、人種、
あるいは、その住民の理解の程度、常識の程度というものが背景となり、
当時のその地の人々に解り易いように、
教祖は説かなければならなかったのであります。
だから、およそ宗教はその発生した土地とか時代とかによって、
説き方が変っているのです。説き方や比喩の立て方が変っているけれども、
人類の魂を救う真理の根本は同じなのです。
そこに万教帰一の所以があるのであります。
『人間の生命』は佛教的にいえば『如来の生命』である。
キリスト教的にいうならば、神の生命がここに分かれて宿っているんだから、
『神の子』であるということなんであります。
古神道によれば、すべての人間は皆、日子(ひこ)であり、
日女(ひめ)であり命(みこと)である。
換言すれば天照大御神の御子であります。
それが、あらゆる宗教の共通の真理であるわけなんであります。


「真佛教の把握」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
ブログ修行は続きます。

愚僧では、全くの力量不足ですが、
少しでも仏教の覚醒に寄与したいのです。

現代には、悩み苦しみ悲しみを抱えた方が沢山います。

皆、魂が飢えているのに、僧侶はそれに答えることが出来ていません。

このままでは、いつまでたっても葬式仏教と揶揄されたままです。

僧侶の仕事は、愛の実践と、他者の幸福に貢献することです。

皆様の魂の糧となるような光を発信するブログに出来れば、存外の喜びです。

日々に精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。