FC2ブログ
2008.06.22 五つの妨げ
禅定に入っていく(霊界への参入)ためには、
心におこってくる五つの妨げを、克服しなければなりません。

仏教では、この妨げを五蓋と呼び、これを取り除くことによって、
精神統一に入っていくのです。

実際に瞑想してみると、これのどれかに当てはまるのでよくわかります。


一、貪欲蓋・・・五官が外界と接触することにより起こってくる欲望。

二、瞋恚蓋・・・激しい怒りや憎しみの感情。

三、睡眠蓋・・・落ち込み、倦怠、心が不活発な状態、眠気。

四、掉悔蓋・・・過去への後悔やためらい、心のざわつき。

五、疑蓋・・・・・仏法や修行に対する疑い。





比丘は、聖なる戒蘊をそなえ、聖なる感覚器官の防護をそなえ、
聖なる正念と正知をそなえ、聖なる満足をそなえ、
森、樹下、山、峡谷、洞窟、墓地、叢林、露地、
藁積みといった静寂の臥坐所に親しみます。
托鉢から戻ると、かれは、食後、結跏趺坐し、
身体を真直ぐに保ち、全面に念を凝らして坐るのです。
かれは、世間に対する貧欲を捨て、
貪欲の消えうせた心をもって住み、貪欲から心を浄めます。
悪意と怒りを捨て、悪意のない心をもち、すべての生き物を益し、
同情して住み、悪意と怒りから心を浄めます。
沈欝と眠気を捨て、沈欝と眠気が消えうせ、明るい想いをもち、
正念と正知をそなえて住み、沈欝と眠気から心を浄めます。
浮つきと後悔を捨て、浮つきがなく、静まった心をもって住み、
浮つきと後悔から心を浄めます。
疑いを捨て、疑いを脱し、もろもろの善法に対して疑惑をもつことなく住み、
疑いから心を浄めます。

すでに捨てられたこれら五種の障害を自己の中に観る者には満足が生じ、
満足する者には喜びが生じ、喜びの心がある者には身体が軽やかになり、
軽やかな身体は楽を感じ、楽のある心は統一を得ます。


パーリ原始仏典長部第2経「沙門果経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.06.22 失われた叡智
アトランティス大陸では、
ピラミッドとクリスタル文明が花開きました。

その大陸の沈没も、クリスタルの誤用によるものだ、と言われています。

クリスタルは現在でも、
電子工学や水晶発振器などの用途で使われていますが、

アトランティス時代には、
人工的に生成して加工したクリスタルを用いた、神の力を増幅する技、
失われた叡智があったのです。

今後、その叡智が発見されると、
健康増進や教育、通信手段などに驚くべき力を発揮して、
飛躍的に文明が進化するだろうと言われています。


アメリカの著名な形而上学の教師であるフランク・アルパーは、
チャネリングによって、アトランティス時代のクリスタルの情報を開示しています。




あなた方が生きているあいだに、
失われたアトランティスの技術が、
現実のものとなるときがくるだろう。
とくにクリスタルとレーザー技術の分野は、
あなた方の生活においてすでになんらかの役割をはたしている。
こうした技術が現実化するとき、破壊のためでなく、
人類の成長と繁栄に使われることを祈ろうではないか。
願わくは、これらの道具が成長のためのものであり、
個人的用途や権力のためのものではないことが、理解されんことを。
すべては、万人のためにあるのだと理解されんことを。
このことが理解されたとき、「エデンの園」は実現するだろう。
 


「アトランティス」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.06.22 匿名希望
僧侶なのに、匿名なのは卑怯ではないか、という思いはあります。
また、何か怪しい意図があるのでは、と思われてもしかたがありません。

しかし、匿名だからこそ書ける、本音や秘密情報(?)もあります。

自意識過剰な愚僧は、臆病者なのです。

お許しください。

一人よがりにならずに、
あくまでもエンターテイメントとして、
批判や愚痴などの暗黒面は抑えて楽しく爽やかにいきたいものです。


大雨や台風よ、どうかほどほどにお願いします。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.06.22 神の名
英語圏の人々が、
驚いた時や自分の感情を対処しきれない時に、反射的にだす言葉は、

「Oh my god!」です。

言うまでもなく、神にすがっています。

これは、慣用句だからというよりも、
反射反応であるから、本音なのです。

やはり、キリスト教の影響力は絶大です。

私達日本人ならば、どうでしょうか?

現代人ならば、「ビックリしたー。」とか、「助けてー。」となります。

しかし、すこし前の日本人ならば、
「くわばら、くわばら。」、「なまんだぶつ。」、だったのです。

とっさの時に、神仏の名がでるかでないか?




クリックして愚僧の活動に御協力ください。