fc2ブログ
環境問題が地球的課題となり、そんななかで、
宗教性をもつディープエコロジーやLOHASなどの思想も出てまいりました。

一昔前には、無神論者達が、
環境破壊の原因を意図的に一神教に結びつける風潮がありました。

つまり、聖書にある自然に対する人間優位の思想が、
人間中心主義をまねき、一神教である西洋文明が広がったことで、
環境破壊が進んだのだ、という論調です。

しかし、これは正しくありません。

実は、聖書には、
人だけが優れた生き物ではないこと、
他の生き物と共に生きよと神が命じたこと、
他の生き物を治めよということ、が説かれているのです。

その証拠に、一神教のヨーロッパの国々は、皆エコロジー先進国です。

基本的に宗教は、共生や調和を目指すものであって、
決して自然破壊を認めるようなものではありません。

むしろ、自然破壊を促進したのは、
他ならぬその無神論者達であるのです。

宗教を非科学的であるとして排撃した20世紀に、
ものすごい勢いで、環境破壊が進んでいったのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2008.07.20 信仰は楽しい
ニコニコ動画は最高ですよ!

ゴスペルミュージックをどうぞ。







クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2008.07.20 うらやまし
ブログをしていると、同じブロガーも気になりはじめます。

そこで愚僧は、
クリスチャンの方々のブログを見ることもあるのですが、
いつも、うらやますぃ~くなるのです。

何故なら、
若いクリスチャンの方でも、堂々と日常生活を報告していらっしゃる。
そして、はっきり神への信仰を表明されておられる。
全般的に、明るく、楽しそうな雰囲気で、
ゴスペルとか愛とか、天国とか、成長とか、希望に満ち溢れているのです。

一方のお坊さんのブログは、どこか屈折しています。
信仰を持てない、快楽にも走れない、世間とも超脱している、
といったオーラがかもし出されているのです。

この違いは何でありましょうか?

戦争に負けたからでしょうか?

お坊さんが自信を持つためにはどうしたらいいのでしょうか?
(自分で考えろ!)(-.-;)



クリックして愚僧の活動に御協力ください。