fc2ブログ
2008.07.26 瞑想心理学
イタリアの精神科医ロベルト・アサジョーリは、
20世紀初頭にサイコシンセシスを創始しました。

これは、
近年発達してきたトランスパーソナル心理学の先駆けとなるもので、
統合心理学とも呼ばれています。

アサジョーリはこう述べています。

さらに広大な、より包括的な視点からは、
宇宙生命それ自体が多様性と単一性の間の戦い、
統合への努力と切望であるように見える。
神ととらえようが、宇宙的エネルギーととらえようが、
あらゆる生きものの上に、また中にはたらいている精神が、
すべての存在を(あるものはそう望み、また多くは盲目的で反抗的であるが)、
愛の絆で結び、統合して全世界を秩序、調和、美へと導いて、
至上の統合を―ゆっくり、静かに、しかし、力強く、抗しがたい力で―、
達成しようとしているような感じがするのである。


この文章からも分かるように、サイコシンセシスは、
宇宙(もしくは神)を信頼し、その働きを認めることが大前提にあるのです。
これは、昔からある宗教体験や神秘体験と同じものであって、
それを科学的文脈で語っているのです。

サイコシンセシスの特徴は、
曖昧であったユングの無意識領域を上位・中位・下位と区別して、
霊的存在としての高次の自己(トランスパーソナル・セルフ)を認め、
そのセルフをいかに健康的に成長させるかに主眼が置かれているところにあります。

そのために、サイコシンセシスでは、
ガイディングと呼ばれるワークを行います。
それは、東洋の伝統を取り入れたメディテーションです。

さまざまなエクセサイズが考案されていますが、
くつろいだ姿勢をとり、深呼吸して、
下記のような言葉について集中して、そのイメージを心に保持することによって、
セルフの内部に望ましい特性を育むのです。


美 創造性 永遠性 解放 同胞愛 感謝 調和 喜び 秩序 
真理 晴朗 静寂 全体性 知恵 共感 エネルギー 無限 
無執着 寛容 鑑識力 ユーモア 法悦 忍耐 革新 平安 
穏和 理解 責任 把握力 力 普遍 協力 善 賞賛 包容 
光 現実 信頼 奉仕 質素 逞しさ 勇気 情熱 自由 友愛
善意 驚異 受容性 愛 存在 信念 沈黙 統合 意思



これらの言葉を見ているだけで、いい気分になりますね。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



義浄の「南海寄帰内法伝」には、
7世紀インドの仏教式の葬儀のようすが、記録されています。

お釈迦さまは、正しい供養や葬儀の仕方を説いていたのです。

霊魂が無いのであれば、死者を送る必要などありません。


(哀しみを誇示する、喪に服すなど)のことはみな、
中国の儒教の伝統に基づく葬送法なのであって、
インドの仏教本来の教誠・律儀ではなく、されば、
このようなことは仏者としては、当然ながら行わなくとも過ちではないのである。
では、仏者としてなすべき葬送とはどのようなものなのだろうか?
インド仏教本来の葬送法の正則とはどのようなものかといえば、
道理として、その死亡者の為に一房を浄らかにこそ飾るべきなのである。
或いは時に随ってかりに天蓋や幡幔を施し、
読経、念仏をし、つぶさに香や花を設けて、
亡魂を善処(浄土)に託生させようと冀(こいねが)うのである。
このようにしてこそ、儒教でいう孝子・報恩の定義はいざ知らず、
仏教では始めて孝子と成るのであり、始めて父母の恩に報いることになるのである。

仏の教えに依るならば、葬送の儀礼は、
まず第一に死亡者が必ず死んでいるや否やを観て知る、にはじまる。
葬儀の当日は死体をかついで焼処に向かい、ついで火で之れを焚く。
之の死体を焼く時に当たっては親友がみな集まって、傍らの一辺に座る。
その座処はと言えば、或いは草を結んで台座となし、
或いは土をあつめて台座となし、
或いは焼いた煉瓦の甎石を置いて座物に当てるなどしているのである。
その次に、一人の能者に『無常(三啓)経』を読誦させる。
この経は小さいもので、半紙か一紙程度、中国のように読誦が長時間に及び、
参列者を疲れさせるようなことはない。

火葬の後には、或いは設利羅(せつりら、骨)を収めて、
死亡人の為に塔を作ることもある。
これは倶羅(くら、塚)と名づけられ、形状は小塔のようである。
この小塔の上には輪蓋は無く、しかも塔には、その死亡者による格づけがあり、
凡夫善人から如来までの凡夫・聖人の区別があるのである。
これについては、律蔵の中であまねく論じている。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。