fc2ブログ
2009.03.01 病は気から
ストレス社会に生きる現代人にこそ、本当の癒しが必要です。

唯物論に支配された医学は、もう一度、医聖の言葉に立ち返る必要があります。




医師たちは長いあいだ、
顕微鏡では見えず、血液検査でも明らかにならないが、
病気の「癒し」に関係するある要素が存在することに気づいていた。
これは、患者のこころのなかにひそむ「心構え」や「感情」といった微妙な要素であり、
からだが病気に対して反応するさいに重要な影響を与えるものである。
「感情がわれわれのからだに影響を与えうる」という意見は、
多くの医師にとっては俗説でしかない。
しかし、過去において常に俗説とみなされてきたかというと、そうではない。
ヒポクラテスは次のような見解を述べている。

「神の力と同じように、自然も病気の重要な原因となる。
健康は、自分自身の内部や自分をとり囲む環境と調和がとれたとき初めて実現される。
つまり、健康を保つには、何よりもまずこの内外の調和に配慮し、
自然界の法則にそって生きることが大切になる。
こころのなかで起こることは、すべてからだの現象に影響を与えている。」


スティーヴン・ロック/ダグラス・コリガン「内なる治癒力」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



面白いです。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.03.01 神の心
真理はシンプルです。

結局、すべての宗教は、神の心を知れと教えているのです。




不平や心配や前途の不安などで、
自分の心の窓を鎖して、心の部屋の中を暗くしてはなりません。
先ず、あなたの心の窓をひらきなさい。
先ず、明るい気持におなりなさい。
神の本性は何よりもまず「光」ですから、
明るい心になったときに、あなたの心と、神の心との波長が合うことになるのです。
また、あなたはすべての人を愛しなさい。
憎しみや恨み心を捨てましょう。
神は愛でありますから、あなたが人を愛し、人に深切をつくす心を起したときに、
あなたの心が、神の心に波長が合うことになるのです。
すべて神らしい心を起したときに、
神の心に波長が合い、
神の国に存在する一切の善きもの、円満完全なるもの、好ましきもの、
裕かなるもの、美しきもの、健康なるものが、この世に実現して来るようになるのです。
これをイエスは、
「先ず神の国と神の義とを求めよ、その余のものは汝らに加えらるべし」と教えたのであります。


谷口雅春「希望を叶える365章」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。