fc2ブログ
現代の日本では、
仏教の根幹である業報輪廻思想が、大きな誤解を受けています。

早稲田大学教育・総合科学学術院教授の石濱裕美子氏は、こう指摘されています。




「善い行いには善い結果が、悪い行いには悪い結果がでる」(善因善果・悪因悪果)、
と教えて人を善に導くことは、一昔前までは日本でも普通に行われていた。
しかし、仏教界が、この思想を語ることに消極的になったこともあり、
最近はあまり耳にすることもない。
輪廻思想や業報思想を否定する人々はしばしばこう言う。
この思想は不幸な人に対して、
「その不幸は過去のあなた自身の行為の結果であるから我慢しろ」、
などの無慈悲な考え方を生む、
不幸な立場にある人も自らの不幸を運命としてあきらめ、無気力になる、と。

しかし、輪廻思想や業報思想を正しく理解していれば、
不幸な人をさらに追い詰めたり、
不幸に打ち負かされて無気力になることなどはありえない。
なぜなら、その悪行によって来世が悪くなるからである。
事実、チベット人は深く輪廻思想を信じているが、
弱者に対して非常にやさしいし、カースト制度のような身分制度もない。

この半世紀の間、民族を挙げて流浪の民となる苦難を味わっているが、
上はダライラマ法王から下は難民キャンプの老夫人に至るまで、
その人生をたんたんと受け入れ、
「来世はこうならないように、善い行いをしよう」と、明るく今を生きている。
チベット人にとって輪廻や業報の思想は、
運命論でも差別思想でもなく、今この時をよく生きる原動力となっている。
そして何よりも、チベット人にとって輪廻思想は、
彼らがそれを護るために亡命までしたチベット仏教の教えの基本でもある。
大乗仏教の理想的な人間像、「菩薩」とは、
輸廻の中の命あるものを最後の一人まで救うために、
あえて輪廻の中にとどまることを決意した者である。
自分の幸せを顧みず、
他者のために生きる人生を無限に生きるからこそ、菩薩の慈悲は称えられるのに、
輸廻思想を封印するなら、菩薩の偉大さは半分も正しく伝えることはできない。
しかも、輪廻思想は、この世のありとあらゆる命あるものに対して、
無限の愛=「無縁の大悲」を育ませる基盤ともなっている。
チベットでは、修行を積んだ高僧はもちろんのこと、
一般の人までが、一日中息を吸うように、
「この世のすべての命あるものが仏の教えをえて、苦しみから解脱しますように」、
と菩薩の祈りを唱えている。


「大法輪 4月号」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2009.03.16 無我仏教?
「無我仏教」などと標榜し、
魂や輪廻転生を否定する虚無主義者は、まだまだたくさんいます。

これは、まったくの誤りであり、仏教の根幹にかかわる重大問題です。

この大いなる誤解について、國學院大学宮元啓一教授はこう論じています。




ブッダは輪廻転生思想を前提とし、そこからの解脱を達成したのですが、
じつは、ブッダは輪廻転生思想を否定した、認めなかったとする人がかなりいます。
そういう人たちの多くは、ブッダは無我説を説いたから、というのです。
無我とは、「個体の本体である自己(アートマン)が存在しない」ということです。 
一般にインドでは、自己は認識主体であると同時に、
業の担い手・業の果報の享受者、つまり輪廻転生の主体であると考えられています。
ですから、自己が存在しないとする無我説は、輸廻転生思想とは両立しないのです。

しかし、ブッダは、自己が存在しないなどと一度も語ったことはありません。

ブッダは、五蘊(心身)のいずれも自己ではない(非我)とか、
みずからの実存にまつわるすべての事象は自己ではない(諸法非我)とは語りましたが、
五蘊は無我であるとか、諸法は無我であるとは説きませんでした。


「大法輪 4月号」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.03.16 愛の原点
現代の仏陀は、誤解されがちな「愛」についても多くを説かれています。

本物の愛の教えがここにあります。




愛の原点には、非常に謙虚な心があるということを知らねばなりません。
愛のなかに傲慢さはありません。
愛のなかには、
「他人にこうしてやるのだ。自分は偉いから、人を導いてやるのだ」というような気持ちは、
ほんとうはないのです。
愛のなかには、無私なる奉仕の気持ちがあります。
無償の奉仕の気持ち、「ただ尽くしたい」という気持ちがあるのです。
その思いが純粋であればあるほど、
動機が純粋であればあるほど、愛は美しいものとなっていきます。
結局、愛は、そもそも、美を求めるという過程をたどっていくのです。
愛とは、どれほど魂が美しく輝くかということです。
魂の美しい輝きこそ、愛の原点と言えるのです。

そうである以上、みなさんはまず出発点を誤ってはいけないのです。
「みずからの魂が、どうすればいちばん美しく輝くか」ということを考えねばなりません。
ダイヤモンドが美しく輝くのはなぜでしょうか。
あのような素晴らしいカットの仕方をしているからではないでしょうか。
ダイヤモンドが美しい光を放つといっても、
ざくろのように割れているダイヤモンドであっては、その光に影ができます。
ほんとうの美しさとは言えません。
均整の取れた面を持っているからこそ、
ダイヤモンドは美しいのではないでしょうか。
さすれば、魂が均整の取れた光を放つことが大事です。
それは、結局、仏の持っている属性のそれぞれを体現するような魂となることです。

仏は、愛であり、知であり、勇気であり、光であり、
叡智であり、義であり、また慈悲でもあります。
仏のそうした多くの側面が、ダイヤモンドのカットの面のように光り輝いているのです。
そうしたすべての面をそろえるべく、永久に進化していくこと、
永遠に進化していくことが、結局、魂の向上となっていくのです。
したがって、愛の原点は、いかに美しい魂の輝きをつくっていくかということであり、
美しい魂の輝きをつくっていくためには、
結局、仏の持っている属性を一つでも多く取り入れること、
発見すること、磨き出すことが必要ではないでしょうか。
そして、それぞれの属性が、調和の取れた美しさ、均衡の取れた美しさ、
見事にバランスの取れた美しさであることが大事ではないでしょうか。
ここに人間の目標があります。
ここに人生の目標があります。
それは、仏の性質をできるだけ多くみずからの内に引き入れることに努力し、
それらの諸要素を、バランスを取りながら見事に輝かしていくということです。
単純な満足をしてはいけません。
仏の一面だけを見て満足してはいけません。
仏にはさまざまな面があります。
そのすべてを学んでいきなさい。
すべてを学んでいくなかに、すべての調和を目指していきなさい。
そこに永遠の進化への道がありますし、
そこに愛の原点、愛への出発点があります。
なぜなら、愛とは、最高に輝くダイヤモンドのような、仏の存在そのものでもあるからです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。