fc2ブログ
反日洗脳機関に注意しましょう。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



幸福への近道は、他人を幸せにすることです。

情けは人のためならず。




他の人たちのために祈る場合には、
その人が幸福に豊かに健康になるように祈らなければならない。
「彼が不幸になりますように」などと祈ってはならない。
けれども、時々、人は、「あいつが不幸になればよい」と思うことがあるのである。
その「思う」ことそのことが一種の祈りであるから、
そのように思うことは彼が不幸になることを祈っているのと同じなのである。
常に、あらゆる人たちの幸福を祈らなければならない。
人の幸福を祈れば、類は類を招ぶ法則によって幸福が自己にも訪れて来るのである。
人の不幸を祈れば、不幸は反転して自分に帰って来るであろう。
人の幸福を祈るのは、不幸な有様を見て可哀相だと思うだけでは、
可哀相な有様を、心の世界に描くだけであるから、
「心に描くものが現れる」という法則に随って、
幸福な状態があらわれて来ることはむつかしいのである。 
一度は、相手の不幸な有様を見て「可哀相だな、あの不幸をとってやりたい」と思う。
それが「慈心」である。
そして「あの人を幸福にしてやりたい」と思う。
それが悲心である。
しかしそれだけでは相手を幸福にすることは出来ない。
次には「喜心」が必要である。
彼の中にやどる実相の完全な神性「既に幸福なる彼」を見て、それを喜ぶのである。
その時「見るものはあらわれる」という法則と、
「想うものに類するものが集って来る」という法則とが作用するのであって、
その観と想とが徹底すれば、彼には本当に幸福が訪れて来るのである。
しかし、その幸福は、既に実相の世界にあるのであるが、
今までは観じなかったから現れなかったのである。
しかし実相の完全な相が現象界にあらわれて来るには、
現象界は、時間を通じて展開して来るから、ある時間的経過を必要とするのである。
それを待ち切れないで、「やっぱり駄目だ」と、
幸福招来の祈りの効果を否定してしまう否定的想念を起せば、
想う通りに今までの祈りの効果が駄目になる惧れがあるから、
彼の実相の完全円満な幸福な相を心に描いて祈った限りは、
幸福の種子を蒔いてしまったようなものであって、
「果してその種子が発芽するかどうか」と疑いの心を起して、
種子をたびたび掘り起して見るような事をしてはならないのである。
そのために慈心・悲心・喜心の次に捨心が必要なのである。
創造の大地に祈りの種子を蒔いた後は、必ず発芽する事を信じて、
疑いの心を去って、大地の創化作用にまかせて、心からその念を放ち「捨て」去る事である。
これが捨徳である。
これによって慈悲喜捨の四無量心が完成するのである。


谷口雅春「希望を叶える365章」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.03.26 ITC報告
「亡きアインシュタインやエジソンがもし、
あの世から我々にメッセージを送りたいと思ったなら、彼らは霊媒術を使うだろうか?
いや、天才科学者たちはやはり、
電話・TV・コンピュータなど先端技術を駆使して、
コミュニケーションを実現しようとするに違いない。
事実は小説より奇なり、と言うが、
ITC報告は、まさに電子機器によって、
死者と対話することが可能になった、という驚くべき現象が語られる。
いつの日か日本でもITC報告が聞かれる日を楽しみにしている。」

京都大学教授 カール・ベッカー


「わたしたちの意識は、
寿命がつきたときに消えてしまうためだけに生まれてくるのでしょうか?
それとも現在の『現実』を超えたところに、この世での努力を継続させたり、
さらに突きつめていくためのレベルやサイクルがあるのでしょうか? 
そうだとしたら、現在のわたしたちの考えや行動は、
今という時間をはるかに超えて意味を持つことになります。
近代科学の出現は、18世紀の啓家の時代をもたらし、
どんな問題も理屈か科学的な方法で解決できるのだという信念を生み出しました。
ガリレオは教会の神父たちに、彼の望遠鏡をのぞかせ、
地球が太陽系の中心であると説く教会の教義をやみくもに信じるのではなく、
自分たちの五感を信じるようにと言いました。
残念なことに、このような経験主義的な証明方法、
つまり仮説を打ち立て、厳しい管理のもとに実験を行い、
偏りのない結果を導くという方法が広まるにつれ、
西洋ではこの流儀で証明できない経験は、
すべて疑ってしまうというものの見方が根づいてしまったのです。
それでも、科学やいわゆる合理的な考え方では、
説明できない体験をする人たちは常に存在しました。
キリスト教神秘主義者、イスラム教のスーフィー、
ネイティブアメリカンのシャーマンたちが経験し、
ユダヤ教のカバラに記されている神との神秘的な一体化は、
簡単に無視することはできないものです。
釈迦が弟子たちに向かって、
彼の教えに疑問を抱くことなくただそれを受け入れるのではなく、
自分たちの経験を信じるようにと説いたとき、
それは単に五感についてだけ言っているのではなく、
人間の内側の主観的な経験をも意味していたのです。
わたしたちの世俗的な生活の次元を超えたこのような内側での経験は、
奇談として伝えられ、最近まで従来の方法で検証することはできませんでした。
ITC研究者が行ってきた作業には、
物理学者トーマス・クーンが呼ぶところの、
『ニューパラダイム(ものごとをまったく新しい角度から見ること)』が必要とされます。
彼らが探究しているのは、
わたしたちが意識するこの世での命に縛られない、魂の超越性です。
心霊現象研究室は、
以前には手に入らなかったような精密な電子機器を使って得た調査結果を発表しています。」

パサデナ市立大学名誉教授 エルトン・デイヴィス




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.03.26 エルの物語
プラトンの『国家』の最終章では、
死後12日目に甦生した、エルという名の戦士が登場します。

驚く家族を前に、エルは臨死体験を報告します。

天界と地獄の中間のような場所に趣いたエルは、
そこで、生まれ変わりを許された魂たちが、自らの来世を決めさせられるところを見るのです。


エルの語ったところによれば、
どのようにしてそれぞれの魂がみずからの生を選んだかは、
見ておくだけの値打ちのある光景であった。
それは、哀れみを覚えるような、
そして笑い出したくなるような、驚かされるような観物だったのである。
というのは、その選択は、まずたいていの場合、
前世における習慣によって左右されたからだ。
さて、すべての魂たちが生涯を選び終えると、
みなは、くじの順番に整列して、旅路をすすみ、忘却(レーテー)の野へとやって来た。
すでに夕方になって、魂たちは、放念(アメーレス)の河のほとりに宿営することになった。
すべての魂は、この水を決められた量だけ飲まなければならなかった。
それぞれの者は、飲んだとたんに、一切のことを忘れてしまった。

もしわれわれが、この物語を信じるならば、それはまたわれわれを救うことになるだろう。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。