FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.31 夢のある国へ
マスコミがひた隠すとてつもないマニフェスト!










クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト
2009.07.31 快進撃
国師、恐るべし!










クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2009.07.30 勝負あり!
幸福実現党のマニフェスト、凄すぎ!!

マニフェスト(PDF)




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 

2009.07.29 宗教の本義
唯物論者は、
肉体的欲望や自我の克服、人間性の変革など不可能だと考えます。

しかし、人間の本質が霊であることを認めるならば、これが可能だと納得出来るはずです。

霊性の開発、魂の向上こそが宗教の本義であり、そのための修行が瞑想なのです。


瞑想は、
人間という存在を通じ、
その肉体、精神、魂を活動させる中心や源から、
自然な経路に沿って創造的な力がわきあがり、
行き渡るのを妨げている自我というものを、
すべて空にすることである。


エドガー・ケイシー




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.07.29 発明王の英断
サプライズ続々・・・。

コピペ
ドクター・中松、幸福実現党から出馬…本人直撃!
「大川総裁から打診、庶民の側に立った政党に」

発明家のドクター・中松氏(81)が、次期総選挙に宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)
を母体とする幸福実現党の比例東京ブロック2位で出馬することが29日、分かった。
党特別代表にも就任。
新興の党と数々の選挙に挑んできた中松氏とのコラボレーションはなにを生み出すのか。
中松氏を直撃した。

--出馬を決意した経緯は

「東京都議選の数カ月前からアプローチがあり、一度は断ったが要請は続いた。
27日、大川総裁と直接会って役職と出馬を打診され、
28日、2大政党ではなく、庶民の側に立った政党を目指そうと出馬を決意した」

--総裁とのやりとりは

「選挙を全部やってほしいと言われたものの、
最終的には大川総裁が『幸福の科学』の信者向け、
信者ではない私がそれ以外の一般の有権者に支持を広げる二枚看板でいくことになった」

--消費税ゼロや対北朝鮮強硬外交の政策合意は

「合意している。前々から私は消費税はけしからんと言ってきた。
北朝鮮対策も、ミサイルをUターンさせる独自のディフェンスシステムを確立している」

--勝算と、600万円の供託金は

「自信はある。供託金は党が用意する」

--麻生太郎首相が、「高齢者は働くしか才能がない」と言った

「失礼だ。そもそも、高齢者、老人という言葉がよくない。『長経験者』と呼ぶべきだ。
彼らが実際に体験し、得てきた知識を活用すべきだ」

ZAKZAK 2009/07/29




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.07.28 愛は勝つ
公示まで、あと20日!!






クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.07.27 国師の教導
国民は、今こそ、立ち上がる時!














クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.07.27 迫りくる危機
かつてこのように毅然とした政治家がいただろうか。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
2009.07.25 終りなき戦い
現代の仏陀は、なんと国政に出馬されます。

この驚天動地の行動は、救世の情熱ゆえのことです。




この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、
国家は漂流し、
無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、
不安におののいている世界の人々への、
灯台の光となりたい。
国を豊かにし、
邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、
人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、
私たちの戦いは続いていくだろう。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
すぐファンになりました。














クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。