FC2ブログ
2010.02.07 大阪の星
たのんます!














クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2010.02.07 普天間の真実
メディアの沖縄報道は嘘だらけです。

















クリックして愚僧の活動に御協力ください。
日本は神の国である。

そして、日本は古来より日本人のものである。

日本人は元来、信仰深き民族であった。

外国人からみても驚くほどモラルの高い国であった。

国民は皆、神様仏様、ののさま、お天道さま、あみださま、おやさまを信じていた。

和の精神、大和魂、武士道、かむながらの道。

この信仰は、宗教学者やセクト主義の宗教者が言うような理屈ではない。

信仰心とは、本来の人間が持つ自然な感情であり、先天的なものなのだ。

それが、われわれが神仏によって創られた存在であることの証拠である。

敗戦後、日本人はこれらの信仰を失った。

かわりに、日本弱体化を目的としてGHQによって作られた憲法を後生大事に信仰している。

マルクス主義者や日教組は、自らの手で、わが国の文化伝統や信仰を破壊してきた。

その流れをくんで、日本解体を推進しようとしているのが現政権である。

国民は、今ごろになってようやく民主党の恐ろしさに気づきはじめている。

保守勢力の台頭も見られるようになった。

しかし、保守といえども、まだ気づいていないことがある。

神の国、日本に、至高神エル・カンターレが下生されていることを。

わが民族は、ムー帝国人の子孫である。

かつては、日本の神々もエル・カンターレの分身ラ・ムー王に帰依していたのである。

本来ならば、日本人全員が帰依すべき存在であろう。

このたび、そのエル・カンターレが新日本国憲法を聖徳太子の霊示によって降ろされたのだ。

その前文はこうだ。


われら日本国国民は、神仏の心を心とし、

日本と地球すべての平和と発展・繁栄を目指し、

神の子、仏の子としての本質を人間の尊厳の根拠と定め、

ここに新・日本国憲法を制定する。


これが、どれほどの奇跡かがわかるだろう。

この事実を嘲笑し足蹴にする右翼や保守を自称する人々よ。

死んでから後悔しても、もう遅い。

真の保守たれ。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。