fc2ブログ
真央ちゃんの神演技キター(ジャッジは不可解なれど芸術なり)






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
トンデモこども手当ての問題点について、とても分かり易く解説してくださっています。

コピペ
Happiness Letter107

皆さま、おはようございます!
昨日の参院厚生労働委員会で子ども手当法案が可決され、
本日26日の参院で可決、成立する見通しです。
昨日に続いて子ども手当の問題点について、私、こぶな将人のメッセージをお届け致します。
是非、広くお伝え頂きたいと思います。
☆゜・:.。. .。.:・゜

【こぶな将人寄稿】
子ども手当法案は、何としても参院選前に支給をするため、
制度的に沢山の欠陥を残したまま拙速に可決される見込みです。
その問題点について4つの観点からお伝え致します。

1.一律給付問題
子ども手当は「セーフティネット」としての位置づけではなく、
所得制限がなされない「一律給付」です。
「なぜ一律給付なのか」の根拠が明確にされないまま裁決されようとしています。
所得制限がかかっていないことは明らかに制度的欠陥です。
例えば、橋下徹大阪府知事は既に政治家となる前から弁護士としても活躍されており、
収入については安定したものを持っています。
ところが、お子様が7人いらっしゃるので、
月額18.2万円もの世界一の高額手当を受給することになります。

2.財源問題
そもそも、子ども手当がなぜ月額一人2万6千円なのか、
どれくらいの効果があるのか等、国民に根拠が示されていません。
子ども手当に必要な財源は10年度で2兆3千億円、
11年度からは防衛費を上回る5兆3千億円に達します。
財政は火の車で、10年度だけで44兆円もの新規国債発行をする中、
来年度以降の財源も示されていません。
皮肉なことに、子ども手当が結果的に将来の重税をもたらし、
子供達を苦しめることとなるのです。

3.扶養控除・配偶者控除の廃止問題
政府は来年度からの子ども手当の財源として、
配偶者控除や扶養控除の廃止を検討しています。
鳩山首相は「低所得者には結果として厳しい増税となる可能性もある」と述べています。
これにより、15歳以下のお子様がいない家庭だけでなく、
お子様がいても、子供の人数や年収によっては増税になる可能性があります。
ある試算では、18%の世帯が平均年4%の増税になるとのことです。

4.在日外国人の母国の子供にも支給
在日外国人の子供や養子を母国に残している場合にも子ども手当が支給されます。
政府案では海外の子供の数の水増し請求などの不正を防げません。
一方で、日本人の両親が共に海外在住で、
子供が日本国内で単身生活している場合は受給できません。
ほとんどの国民がこの事実を知りませんし、
政府はどれだけの子供が母国に住んでいるのかさえ掴めていません。

制度設計に欠陥があるまま、
民主党が子ども手当法案の成立を急ぐ背景には参院選対策があります。
鳩山政権はバラマキで票集めすることしか考えていない、
「政治屋集団」であると言わざるを得ません。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
寒空の雨の中、頭が下がります。






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
地球に来ているものの中には、精神性の高い、平和を愛する宇宙人もいます。

彼らの教えに耳を傾けることも、また、大切なことなのではないでしょうか。




創造は人間が知る限り、
または知っていると信じている最も完全なものであるにもかかわらず、
常にとどまるところなく完全さを目指し、発展しなければならない。
それ故、創造は常にとどまるところなく、
人間の霊の形態を持った新しい霊集合体によって人間たちに霊を注ぎ込む。
この人間の霊は限りない転生を通じて常に進歩発展し、
完全さに到達するという使命を果たさなければならない。
霊は人生を重ねれば重ねるほど賢く、利口になる。
そして霊的な知識と英知のみが人間とその生命を形成する。
それ故、考えや行動が人間的―世俗的であればあるほど、
その人間の霊は未開発段階にあるといえる。
一般的にいうと人類の大部分は、
支配者や政府によって意識的にこの段階に止められている。
一つの理由は彼ら自身がそれ以上のことを知らないからであり、
また他面では、それによって人間を最も好都合な方法で隷属させ、抑圧できるからである。

創造のみが、生命と存在の活気ある根源の力の塊である。
言いかえれば、創造は宇宙意識、全霊あるいは全意識、世界意識、生命意識、
万有の力、万有の威力、または存在のエネルギーなどとも呼ぶことができよう。
存在する生命のすべては創造でもあり、創造は宇宙である。
天体やすべての動物と植物、その他あらゆる生命、生まれることと滅びること、
そして生命そのもの―すべての生あるものは創造を内蔵しつつ脈動し、存在する。
それは死にあっても変わらない。
死、それは別の次元の生を意味し、創造はその中にさえも存在する。
様式、形態、規模はどうであろうとも、
すべての生命と同じように、創造は死のうちにも脈打ちながら流れる。
創造はすべての存在する生命であり、存在するすべての生命は創造によって満たされる。

すべての上に立ち、あらゆる生物の生と死について支配力を持つものはただ一つです。
それは万物の上にその法則を定めた創造だけです。
それは覆すことができない、永遠に有効な法則です。
人間は努力すれば、自然のなかにそれを認めることができます。
これらの法則は人間に生きる道、
そして人生の目標である霊的偉大さへの道を示します。

私たちは完璧というにはまだ程遠く、絶えず発展しなければなりません。
私たちは地球人が無知や勝手な想像でしばしば口にする、
いわゆる超人でもなければスーパーマンでもありません。
さらに私たちは教師、宣教師や先覚者でもないのです。
私たちは、ただこの宇宙空間で発展しつつある、
またすでに存在する人間を守る任務を負っているにすぎないのです。
それは私たちが秩序を維持し、特定の生命を監視することに努めるということです。
時々我々は様々な世界の生息者に接近し、何人かを選び出して説明しています。
しかしこれはある人種が高度に発展し、次第に考えるようになっている場合に限ります。
そして、自分たちだけがこの宇宙で唯一の思考能力を持った生物ではない、
という考えに徐々に慣らしていくのです。 
時にはテレパシーによってある知識を芽生えさせ、
時代に必要な、技術的な発明をする助けをすることもあります。


ビリー・E・A・マイヤー「プレアデスとのコンタクト」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.03.26 教育者は語る
人生は一年のように過ぎ、
一年は一時間の如く過ぎる。
すべては変化し、すべては亡びる。
神のみが、また神の姿に似せて作られた人間のみが、
永遠に存する。
人間は彼がその中にもっている神性、
即ち神の愛と人の愛によってのみ人間であり不死である。
人間がこの自己の中にある神的なるもののために生きる時、
凡ゆる彼の能力、凡ゆる彼の感情が、
神への愛によって生命を与えられる時、その時にこそ、
彼は時と年とが永遠の一部として過ぎ行くと観ずる。

あらかじめ建てられた、
確実な神の調和の中に活動する木の基本的な部分が、
すべて協力して、その力の最後の産物、
果実を形作るために働くと同様、
人間にあっても明白ではあるが、
人間の有機体の見えざる精神によって結合され、
信と愛との神的調和の中に活動する知識、
能力、意欲の全機能がすべて協力して、
肉と血から区別される内的存在、
正義と神聖の永遠の存在、
天なる父が完全なる如くに完全になるために、
神の姿に似せて創られたる人間を形作ろうとして働くのである。

生命を作るのは精神であり、肉は何の役にも立たぬ。
人間の精神は、特別なある力に存するのではない。
それは人の手の中に存するのではなく、脳の中に存するのでもない。
そのあらゆる力、現実の有能な力の結合する点は、
人の信と愛との中にある。
心のこの力、信と愛とは、不死の人間を作り上げるために、
根が木を作り上げるためになすことをなすのである。

ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
危機管理教育の徹底と防衛産業の活性化を!






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
お宝、発見!












クリックして愚僧の活動に御協力ください。
幸福実現党にまかせれば、未来は確実に明るい!






クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.03.24 磁力の秘密
現在、軍産複合体によって隠蔽されている未知の科学技術はいろいろとあるようです。

宇宙開発や軍事において時代遅れとなったものが、
「スピンアウト」して民衆にリークされ、ジェット機やレーザー技術、
インターネットや携帯電話、GPSなどとして広まってきたというのは有名な話です。

しかし、もっと驚くべきことに、
科学技術の進歩は、異星人によってもたらされてきたのです。




もし地球に磁力の秘密が伝えられたら、
きっと人々の生活は一新されることでしょう。
想像してみて下さい。
もしエネルギーが無料で利用できるようになり、
磁力で推進する宇宙船を誰もが使えるようになったら、
どのような変化がもたらされるでしょうか。
けれども地球では、ネガティブな勢力が、強い支配力を持っています。
各個人にさらなる力と自由を与えかねないものは、
何でも彼らにとっては脅威となるのです。
それには至高なる神性の法則も含まれます。

テクノロジーの分野では、
大衆にとっては有益でも、権力者にとっては不利益となる発明は、
通常は非公開とされるか、もしくは壊されるか、少なくとも信用が貶められるのです。
(アダムスキーが金星人からもらった図形入りの金星文字をヒントに、
フリーエネルギーの磁気モーターを開発したバンデンバーグは、
アダムスキーの制止を無視してそれを公表しようとしたために、
その直後に行方不明となっている。)

地球は電気発明家のニコラ・テスラ(交流電流、無線、
蛍光灯などの装置の発明で知られる)に多大な恩があります。
彼がいなければ地球の文明は今日のようにはなっていなかったでしょう。
彼は一時期、トーマス・エジソンと共同で、
電気モーターと発電機を設計していたことがありました。
ナイアガラの滝の発電システムの開発を受け持っていたのはテスラでした。
70歳になるまでテスラは700以上もの発明を自ら成し遂げています。
しかしテスラは時代を先取りしすぎていました。
エジソンですら彼に背を向け、
自身のものよりも優れていたテスラのアイデアの評判を落とそうとしました。
テスラは地球そのものから得られる、
無尽蔵のエネルギーを利用することにおけるパイオニア(先駆者)で、
エネルギーは巨大な発電所で発生させる必要はないことが分かっていました。
当時テスラが何を言わんとしているかを知っていた者たちは、
彼とそのアイデアの信用を貶めることに成功し、
磁力の秘密が、世界中に恩恵を与えるのを防いだのです。
テスラの次の言葉から私たちは彼の目指していたことが分かります。
「電線のないエネルギーの応用として最も価値があるのは、
飛行機を推進させることであろう…」。
彼の死後、テスラの研究施設は長年にわたって閉鎖され、
彼の偉大さは、人々の記憶からほとんど消え去ってしまいました。
彼がかつてこの地球に存在したことを知っている人はごく少数です。
そして彼が地球を援助するために金星から来たことを知っている人はさらに少数です。


オムネク・オネク「私はアセンションした惑星から来た」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.03.23 独立の気力
国の文明は形では評価できない。
学校といい、工業といい、陸軍といい、海軍というのも、
すべて文明の形にすぎない。
この形を作るのは難しくなく、単にお金で買える。
だが、ここにまた別の、無形のものがある。
このものは、目に見えず、耳で聞けず、
売り買いも貸し借りもできないが、
国民の間にすみずみまで存在し、その作用はとても強い。
これがなければ、
そうした学校などの文明の形も実際の役に立たない。
まことに、これは文明の精神というべき、この上なく大事なものだ。
そのものとは何か。
国民の「独立の気力」である。

総じて世間の事物は、
進歩しないものは必ず退歩し、退歩しないものは必ず進歩する。
進歩も退歩もせずに停滞するものはあるはずがない。
今の日本の状態を見ると、文明の形は進歩しているように見えるが、
文明の精神である国民の気力は日々に退歩に向かっている。

文明の事業を行うのは民間人であり、
文明を守る者は政府である。
そうであってこそ、一国の民は文明を自分のものとして持ち、
文明を競争し、他をうらやんだり自ら誇ったりし、
国に一つ良いことがあると、
全国の人々は手を打って快哉を叫び、
ただ外国に先を越されることを恐れるだけという状態になる。
このため、文明の事物はすべて国民の気力を増す道具となり、
何事も国家の独立の助けとなる。

商売に励め。
法律を論議せよ。
工業を起こせ。
農業を促進せよ。
著述し、翻訳し、新聞を刊行せよ。
およそ文明の事業はすべて自分の役割と考え、
国民の先頭に立って政府と助け合うべきだ。
政府の力と民間の力とが釣り合って、国全体の力を増し、
現在の弱々しい独立を、ゆるぎない基礎の上に置き、
外国と競争して一歩も譲ることのない状態にしよう。


福沢諭吉「学問のすすめ」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。