fc2ブログ
日本で多く著著を出されているスマナサーラ長老はスリランカ上座仏教の大長老です。

長老は、「魂」や「神」など大嘘であると言われているので、
おそらく唯物論者だと思われるのです。

テーラワーダ仏教は、初期仏典を厳格に信奉しているいわば仏典原理主義です。

仏教を現代の科学とも合致する理性的な哲学のように説きたいのだけれども、
初期のパーリ仏典にはこのように書かれているために、
珍妙なオカルト説法となってしまうのです(笑)




仏教経典には入っていない仏教文学などには、
「宇宙にはいろんな生命があって、お釈迦様はいろんな星や宇宙の生命にも、
仏教を教えていたのだ」などと言っておりますが、
それが本当かどうか、書いた本人にも私たちにもわかりません。
そういう他の星や宇宙などの世界に我々も生まれ変われるかと考えても、
それも一応可能です。

神々の次元に生まれたらとっても長い時間生きていられますが、
やはり、そこには、身体の状態という問題があります。
彼等は固い物体としての身体を持っていません。
ほとんど精神的なものでできている身体を持っていて、
欧米人はそれを精神的肉体と呼んでいます。
それでも物質的な身体に違いないのですが、
そういう身体は食べ物で支えられているわけではなくて、
心から与えられる刺激で生きているのです。
瞑想など始めたら、それが機能しなくなって死んでしまう。
だから彼らは、瞑想はしません。

預流果の人は、死んでも決して地獄など低次元には生まれません。
一番低次元でも人間界です。
人間に生まれても鋭い頭で生まれます。
例えば、クリシュナムルティさんは、
「おそらくこの人は生まれる前に預流果にはなっていたのだろう。」と思っていました。
私に超能力があるわけではないし、あくまで推測です。

梵天のように生命の次元が高くなると、それに相応しく、たべ物も精妙なものになるのです。
食がそのように精妙なものですから、
光を食べる梵天の寿命は十劫とか二十劫とか、とても長いものになります。
宇宙そのものが何十回も生まれては消えても、
全く関係なく、まだすーっと生きているのです。

仏教では、「心も物質を造っている」と言います。
もし今の物質文明に費やしたほどのエネルギーを、
こころを成長させるために使ったなら、今の文明と同じ程度のものは簡単にできます。
もしある文明の人々が、こころが大事で、物質は大事ではないと考えて、
こころを成長させようと努力したなら、
こころに必要な物質をこころから作ることができるようになり、
それに相応しい文明が生まれます。
物質を使って手で物質を作る文明ではなく、こころで物質を作る文明です。
その時生まれる文明は、今の文明とは違うタイプのものでしょうけど、
昔にもそのような文明はあったと思います。
今は神話としてしか残っていませんが、僅かな記録は残っています。
例えば「ある時期には人々は空を飛んでいた」という記録がありましたら、
現代人は笑って、「それは進化する前の鳥の時でしょう」とか、
「前世の鳥の時でしょう」などと理屈を付けますが、
記録はそうではなく、「人間が空を飛んでいた」と記しているのですから、
それができたとしたら、今のような文明の時期ではなく、
こころの文明の時期であったと考えるしかありません。
その文明では、人間が移動したい場合はこころのエネルギーで空を移動して、
飛行機は要らない、ということです。

物質科学万能の時代は、別に今だけのことではありません。
生命が生まれる時は、いつでも科学万能の時代です。
今はもうお伽話にしか聞こえませんが、
「古代文明がとても優れていたのだ」とか、
「宇宙船まであったのではないか」などという話もあります。
インドの古い伝説の中にも飛行機が出て来たりします。
科学万能の時代は、いつでもあったようです。

本当は八十年や百年で死ぬくらいではなくて、
千年二千年でも生きていられるくらい、人間に生まれるカルマは強いのです。
カルマを正しく使えば、千年二千年でも平気で生きられるのです。
「昔は人の寿命は八万年あった」などと経典にも書いてあります。


「ブッダの実践心理学」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



2010.03.17 国家百年の計
中共は、本気で日本を狙っている!

コピペ
Happiness Letter98

皆さま、おはようございます!
北教組から違法な資金提供を受けたとされる事件で、民主党・小林議員は辞職を否定。
またもや小沢氏直伝のトカゲのしっぽ切りで逃げ切ろうとしています。
日教組教育の問題点について、
自身も北教組教員経験のある北海道本部参院選挙区代表の大林誠氏より、
3回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜

【大林まこと氏寄稿】
戦後、日教組は「教え子を再び戦場に送るな」というスローガンの下、
「反戦・平和教育」で世論を築き、日本の非武装化を推進して来ましたが、
現下、日本は中国や北朝鮮という「自由」も「民主主義」もない核保有国に囲まれ、
国民の生命・安全と国家の独立が脅かされています。

このままでは「教え子を戦場に送る」どころか、
日本中が火の海となり、戦場の真っ只中となる危険性が極めて高くなっています。

日本の「国防」が弱体化して喜ぶのは一体誰なのか、それは明らかです。
中国は現在もチベットやウイグルに侵攻中であり、台湾をも虎視眈々と狙っています。
他人事ではありません。

しかし、日教組では中国の侵略行為や北朝鮮の脅威について語られることは決してありません。
日教組は、日本の武装強化や米軍基地については騒ぎ立てる一方、
中国や北朝鮮の軍備拡大や核武装はひたすら黙認しています。

「日本が軍備を放棄すれば平和が来るのか」と言えば、そんなことはあり得ません。
戦わずして他国に占領されたとして、チベットのような植民地になってしまったら、
いくら抵抗運動を起こしても、もはや独立を回復することは至難の業です。

将来、我々の子孫は圧政と人権弾圧と民族浄化の生き地獄の中で苦しみ、
「なぜ先人たちは戦ってでも独立を守らなかったのか?」と我々を恨むことでしょう。

こういう話を日教組の教師にすると、
「外に悪者をつくって軍国主義を進めようとする悪人」であるかのようにレッテルを貼られますが、
そのような方こそ現実が見えておらず、既に洗脳にはまってしまっているのです。

真に「反戦・平和」を言うのであれば、
中国政府や北朝鮮に対して「今すぐ侵略と人権侵害、軍拡や核武装をやめなさい」と言うべきです。

再来年2012年頃には中国海軍が空母を実戦配備する見通しですが、日米同盟が破たんし、
中国軍の空母によって日本近海の制海権を握られてしまえば、
中国軍による台湾・沖縄侵攻の危機が訪れます。

そして、シーレーンを中国のコントロール下に奪われた日本は、
日米開戦前夜の「ABCD包囲網」の悪夢が再現されてしまいます。
こうした「国際的孤立」こそが戦争への道だったはずです。

日教組による戦後教育を受けた世代は既に還暦を超え、
日教組教育の悪影響は政治やマスコミの世界にも蔓延しています。

教育は「国家百年の計」です。
幸福実現党は、日教組による自虐史観教育や似非「平和教育」を大掃除し、
「公立学校」を建て直し、日本の平和と未来を守ります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
日本人はどこまで平和ぼけなのでしょうか?

自分の国ぐらい自分で守ろう!




「日本の安全を決めるのは日本自身で、日本の自由だ」、
という米国関係者の声をよく耳にするが、
これに対する日本側の答えは、
決まって「日本の安全は日米同盟基軸の堅持」だ。
これは、自立した国家として、本当に自由な意思なのだろうか?

米国の特殊作戦の一つである心理戦関係者と話をしたおり、
冒頭、「日本が我々と同盟関係を維持するかどうかは日本人が決めることだ。
君たちは自由だ。しかし、それによって、
我々が日本を叩きのめすという決断をするのは我々の自由だ」と切り出した。
心理戦の一端として言ったのかもしれないが、
私には、戦闘者としての士気・戦意を高揚させる言葉であった。
「私は、戦闘者として、自由なる日本のために戦うその日を待ち望んでいる」と答えた。
戦う気概がなければ、真の自由は勝ち取れないのだ。

そもそも、日米同盟はいかなる機能を果たしているのだろうか? 
少なくとも、日米関係は、冷戦終結を契機に明らかに変質している。
大東亜戦争終戦の時点において、アジアにおける米国のパートナーは蒋介石の中国であり、
また、米国は早くから対日戦において毛沢東の中共とも協力関係にあった。
米国が、対日本開戦を意図して構築した『日本・日本人=悪』とする、
極悪非道なる存在としての日本観と日本人像は、
戦前戦中を通じて、米国民だけでなく欧州各国の人々にも普及され定着しており、
終戦時、そのような日本を米国の戦略的パートナーにするなどということは考えられなかった。
したがって、日本の中核たる皇位継承権(皇族の範囲)を限定し、
防衛力、経済力、産業基盤など国力のすべてを削ぎ落とし、
自己保存能力もない集団として、1世紀後には跡形もなくなるような占領政策がとられた。
しかし、ソビエトとの対立が表面化するにいたって、
米国の日本管理の方向性が180度変わった。
その大転換を主張したのが、米国務省のジョージ・ケナンである。
『フォーリン・アフェアーズ』(1947年7月号)に載ったケナンの「X論文」は、
「(対ソ)封じ込め」論として注目を集め、たちまち米国の対ソ戦略へと昇華していった。
そのケナンは、「中国は、遠い将来にも強大な工業国・軍事大国になる見通しはない。 
一方、日本は、極東における唯一潜在的軍事・産業基盤を有し、
勤勉な国民資質と反共思想、そして地理特性などから、
対ソ戦略上のパートナーとして米国が防衛すべき」として、
マッカーサーの日本改革政策を経済復興政策に変更することを促した。
冷戦構造の中で、日本は米国の期待にこたえた。
日本領土内に米軍を展開させることによって、
ソ連軍の戦力を欧州正面と極東正面の東西に分割させ、
また、西側経済システムの重要な一員としての経済成長を遂げた。
このように、米国の対ソ戦略上、日米同盟は軍事・経済面で特別に重要な役割を果たした。
ところが、冷戦終結とともに、この戦略構造が消滅し、米国の戦略転換が訪れた。
ケナンの予想に反して、中国は経済大国・軍事大国へと成長し、
米国のパートナーとしての実力が備わった。
ソビエトと中国の決定的な違いは、ソビエトが米国と対抗的経済システムを構築したのに対し、
中国は米国の経済システムの中に参入してきたことだ。
一方、日本の経済力と在日米軍基地は、世界戦略上の意義を失うことになった。
経済面では、いったんは強力な競争相手とみなされ、政治的関心が持たれたが、
今や日本の経済再成長を期待する者はいなくなり、
せいぜい、日本国民の保有する金融資産を国際市場に引き出して、
利用する程度の価値しか見当たらなくなった。
在日米軍基地は、経費を日本が払ってくれるなど、特権ともいえる便利な仕組みがあるので、
既得権として少しでも居座ったほうが有利だといったところか。
こんな状況では、いくら日本側が経済・金融問題や基地問題で、米側に譲歩したとしても、
日本の戦略的価値を高めるような効果はない。
いくら『日米同盟基軸』を唱えて米国のご機嫌を伺っても、
人間で言えば、いつまでも自立できない大人として、世界中の軽蔑を買うだけだ。

ケナンの「X論文」を掲載し、
米国の戦略転換を促した『フォーリン・アフェアーズ』に最近、次のような記事が掲載された。

「米国は、戦時下の統制を存続させ、
(日本の)対外貿易の政府による高度の管理を許容し、巨大な官僚の権力を肥大化させ、
経済成長を加速させることが重要だと考えた」(W・ラフィーバー、コーネル大学歴史学教授)

「資本主義開発国家モデル、より辛辣にいえば『日本株式会社』、
と称されるようになる政府の行政指導による輸出主導型経済は、
実はアメリカの指令が作り出した落し子だ」
「『冷戦が終わり、そして日本は消滅した』、
というフレーズが今日の状況をより的確に伝えている」
「もはや日本企業が脅威として恐れられているわけでもないし、
日本式マネージメントは嘲笑の対象にされている。
…脅威でなくなった日本が、
こうも退屈で凡庸な存在と化したのはいかにも残念だ」
(N・クリストフ、ニューヨーク・タイムズ東京支局長)

米国から見た、日米関係の現状と将来を暗示する論文である。
日米関係は、一つの歴史的意味合いを終えたことを、よく認識すべきである。

荒谷卓「戦う者たちへ」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。