FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この問題に対して、はっきり言明しているのは、幸福実現党のみ!!

コピペ
Happiness Letter267

皆さま、おはようございます!
本日は佐藤なおふみ党出版局長より、
「改正臓器移植法の問題点」と題し、メッセージをお届け致します。

☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【佐藤なおふみ党出版局長寄稿】
29日、40代の男性が脳死判定され、改正臓器移植法に基づき、
家族の承諾のみで臓器提供がなされることになりました。
本人の意思確認がなく、家族の承諾のみによる臓器提供は、これが4例目です。

摘出された心臓、肺、肝臓、腎臓、すい臓、小腸、眼球は、
それぞれ提供を待っている患者さんに移植されるそうですが、
なんだか部品交換みたいで素直に良かったと喜べません。
人間は機械じゃないんですから。

7月に改正臓器移植法が全面施行され、脳死者の臓器移植が相次ぎ、
97年の臓器移植法施行以来、この8月は月間過去最多の5例の臓器移植が行われました。

改正器移植法により、脳死下では、
本人の意思がなくても家族の承諾があれば臓器提供が可能になり、
15歳未満の子供も臓器提供者になれるようになりました。

確かに、臓器の提供があれば、生きながらえることができる人がいます。
一方、愛する家族はもう助からないが、どこかでその一部が生きて、
人のお役に立てれば嬉しいと考えるドナー側の家族がいます。

この点で、双方の願いは一致しているのかもしれません。
しかし、それだけで本当によいのでしょうか?

臓器移植は、もっと「脳死者本人」に焦点を当てて論じられなければなりません。

私個人は、臓器移植には反対の立場を取らせて頂いております。
仮に百歩譲ったとしても、本人の承諾無き臓器提供は絶対にやるべきではありません。

医学の発達によって、人間の寿命は飛躍的に伸びました。
それは、医学が“生きる”ことに対して、飽くなき探究を続けてきた結果です。

しかし、医学は“死”に対しては余りに無力であり、そこが医学の限界でもあります。
だからこそ“宗教"が必要なのです。

宗教的に言えば「脳死」は「人の死」ではありません。

脳死の状態は、魂は肉体から離れていないため、まだ立派に生きています。
そのような状態で臓器の摘出手術を受ければ、
ドナー本人の魂は大変な恐怖と苦しみを感じます。

心臓が停止して、魂と肉体を結ぶ霊子線が切れてはじめて、人間は「死」を迎えます。

あの世や霊の存在など信じない人は、
霊子線が切れた後も、自分が死んだことに気づきません。
納得するためには時間がかかるからです。
だから、お葬式があり、四十九日があるのです。

葬式は遺族にとっての単なるセレモニーではなく、
亡くなった方の魂が自分の葬式の様子を見たり、
しばらく地上にいて、魂として様々なものを見たり、聞いたりして、
徐々に自分が死んだことを悟るのです。

この世に生まれてくる以上、誰しも必ず死を迎えます。
死の下では全ての人が平等です。
人間には生きていく権利と同時に、
「安らかに死んでいく権利」があることを忘れてはなりません。

「臓器移植法」の根本にあるのは、
脳死者の生命の価値と、臓器移植される方の延命とを比較考量し、
霊的真実を無視して後者の生命を選ぶ行為です。

幸福実現党は日本で唯一の“宗教政党"として、
宗教的見地より「改正臓器移植法」の問題に取り組んで参ります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト
2010.08.31 偉大なる挑戦
私たちの挑戦―。
それは、偉大なる挑戦である。
前人未踏の戦いである。

この地上界を、
まるごとユートピアに変えようとする、
それは、それは、壮大なる挑戦なのである。

面白いではないか。
やってのけようではないか。
誰もやったことがないからこそ、
やりがいがあるのである。

仏国土・ユートピアの建設、
それを全員一丸で心に描こう。
念いは必ずや実現するのである。


大川隆法「無我なる愛」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
これは、経済学の新たなるバイブルである!


20100828134224_1.jpg

幸福の科学グループ創始者兼総裁 大川隆法
ドラッカー&アダム・スミスの霊言を収録!

『ザ・ネクスト・フロンティア』



何度でも言う!増税による経済成長はありえない!

このまま、日本を沈ませるわけにはいかない
――経済素人の政権によって、世界第二位の経済大国・日本が増税の底なし沼に沈んではならない。
政治がするべきことは、増税や規制ではなく、
企業と国民を自由にすることだ。
ドラッカーとアダム・スミスが、再び緊急降臨!

9月3日より発刊予定!


目 次
第一部
第1章 発展・繁栄の思想を持つ政治家を
第2章 ドラッカーとの対話
第二部
第3章 防衛費と国家経済の関係とは
第4章 アダム・スミスとの対話




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.08.30 必勝の戦略
必ず勝つという方法はあるのか。
これを古来より多くの人びとが求め続けてきた。
しかし、たしかに必勝の戦略はある。
それはあなたがたの心のなかに確かにあるのだ。
まず知恵を持て。
次に愛を持て。
さらに勇気を持て。

智・仁・勇―それは徳の発生の理由でもあるが、
また必勝の戦略でもあるのだ。
知恵を磨き、
愛を豊かにし、
勇気を強くすることだ。
さすれば、必ずや道は拓ける。


大川隆法「無我なる愛」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.08.28 無限のパワー
さあ、信じるがよい。
人間のパワーが無限であることを。
無限であることを信ずるがゆえに、
無限のパワーが出てくるということを。
自分でそれを有限と信じてどうなる。
それで、幸福になった人が一人でもいるか。
しかし、わたしは言おう。
無限のパワーを信じてこそ、
無限のエネルギーを放出させうるのだ。
無限に大きな仕事をした方など、
歴史には数限りなくいる。
死してなお、その名が、その言葉が、その思想が、
仕事をしつづけているのだ。
我が言葉を信じよ。
あなたの力は無限である。
あなたは無限界人間となれるのだ。
仏の子に限界などないのだ。


大川隆法「無我なる愛」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
宇宙には、地球人よりもはるかに霊的にも科学的にも進化した宇宙人がいます。

そのなかには地球の進化を助けようとして、メッセージを送ってくるものもいます。

そのような存在からのチャネリング情報は、私達にとってとても参考になります。

「宇宙人にとっての神への信仰は、地球上のあらゆる宗教の本質と同じものである」、

ということを知ることで、見えない宇宙人が身近に感じられてこないでしょうか?




唯一無二の神がいる。
唯一無二の永遠の生命がある。
その両方はむすびついていて、ひとつです。
たしかに神についての概念はたくさんあります。
しかしその全部が神の一体性に帰するパワーを説明しているわけではない。
神は全宇宙にくまなく遍在しているエネルギーなのです。
神はこの世界とそして全世界の「光」です。
それは宇宙の知性であり、「グレート・セントラル・サン」に集約されています。
その状態ゆえに、それは「すべてなるもの」の中心であるのです。
あらゆるものを物理レベルでまとめている電子のエネルギーがある。
すべてを感情レベルでまとめている愛のパワーがある。
でも、あらゆるものをメンタルレベルでまとめている、
単一のマインドのパワーというものはありません。
なぜなら神はたくさんの異なったかたちのメンタル・エネルギーに現れるからです。
そういうわけであなたは、
地球上でどんなかたちにしろ、神を表現するために必要な手段をすべてもっているのです。
またそう願望すれば、そのための不屈の精神と勇気をもっています。
ここでは「願望」ということばがカギです。
なぜなら実際、それが神についてのコンセプトを深めるものだからです。
ほとんどの人間はその願望をもっていない。
つまり神のエネルギーを保持し、ものごとを生じさせるために必要な愛によって、
そのエネルギーを建設的に使いたいという願望をもたないのです。
たいていの人間は物理的な世界の低い波動にしたがっていて、
自分のスピリチュアルなパワーを鍛錬することを拒絶する。
そしてスピリチュアルなものではなく、物理的なものの顕れのなかに住んでいる。
その状態ではけっして神をほんとうに理解するようにはなりません。
神もまたその物理的なものの顕れであるとはいえ、
人々がそのレベルにとどまることを選べば、その根源から一歩しりぞいてしまいます。
しかしそれぞれの魂が探し求めているのはまさにその根源なのです。
魂がその根源を見出すまでは不足感が生じます。
それが見出されると、まったくの平穏さと静けさが意識のなかへともどってきます。
そしてあらたなレベルの顕れは、そのすばらしい根源のパワーにいたるのです。
それについてもうすこし単純なことはで説明しましょう。
愛、光、そして電子のエネルギーはすべて神です。
神の存在のなかで、それらはすべてひとつです。
魂がそのそれぞれをもう一度学びなおさないかぎり、
人間の意識のなかでは、それら三つは別個のものです。
それを学びなおせば、その三つが人の内部でも同様にひとつとなります。

神はアルファであリオメガです。
最初と最後です。
神ははじまりであり、終わりです。
神は永遠なるものです。
神は空間的暗闇の似姿をとり、光のなかでだけ現実となります。
神は進歩の伸びと遅れなのです。
神はそれです。
これがすべてです。
これが真実です。
この一体性のコンセプトには分離はない。
分離とはこうした理解から魂の気をそらそうとする、物理的レベルでの対立にすぎないのです。
内部を見る者はそこに「グレート・セントラル・サン」を見出し、
その旅から得られるすべての普遍的な知識にアクセスします。
そのむすびつきができた者は、身体的存在の限界が実際にそのとおり限界であったことを知る。
その気づきによって、神のパワーと栄光についての、
地球でつくりだされたのとはべつの次元の理解が判然としてきます。
地球上で神のエネルギーが表わすカリキュラムについての充分な知識と理解、
そして愛なしに、だれも地球から退去することはできません。
そのカリキュラムを学んだ魂は、
べつの次元へ超えていって、より高度な学びを経験する準備ができます。
この基本的な理解を受け入れる者は、どこにも対立を見出さない。
なぜなら一体性を受け入れた魂は、あるものすべてに完璧さを見るからです。
神はいたるところ、あらゆるものであり、そして「すべてなるもの」です。
神は愛であり善です。
低い波動において知覚される対立はすべて、人間の知覚のひとつの状態です。
人間はそういった知覚によって善について学ぶのではなく、
その知覚を悪についての自分たちのコンセプトを理解するために使っています。
いわゆる悪いおこないの完了によって、魂の波動を高める方法を学びます。

ノーマ・J・ミラノヴィッチ「アルクトゥルス未来からの記憶」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
どうか、本当に「最後」になりますように(-人-)ナムナム・・

コピペ
Happiness Letter263

皆さま、おはようございます!
本日より『フジサンケイ ビジネスアイ』の党首コラムが再開されます!(毎週金曜日掲載)
新シリーズのタイトルは「立木秀学の“Mirai Vision"」です!!

本日、新シリーズ第1回目のテーマは、
「中国は日本に向けた核ミサイルの照準を外せ!」です!
立党以来、幸福実現党が訴え続けている「最大の国難」とも言える、
「中国の属国化の危機」について、最新の実態も交えた迫真のコラムです!
今後とも引き続き、『フジサンケイ ビジネスアイ』の定期購読をよろしくお願い申し上げます。

☆゚・*:.。. .。.:*・゚
また、本日26日は『夕刊フジ』の饗庭直道(あえばじきどう)広報本部長代理の大好評コラム、
「いざ!!幸福維新」第8回の掲載日です!
台湾の現地レポートに基づいた「日台関係のあるべき未来」についての大胆な提言がテーマです。
本日午後発売の『夕刊フジ』に掲載されます!どうぞご期待下さい!!

☆゚・*:.。. .。.:*・゚
民主党の小沢氏が9月の党代表選に出馬すると表明したことで、
新人議員の囲い込みなど、菅vs小沢両陣営の多数派工作が激化し、
民主党内の権力闘争が一層泥沼化しています。

景気減速の発表、並びに急激な円高で日本経済の先行き不透明感が強まり、
深刻な株安に歯止めがかからない危機的状況の中で、
首相も閣僚も民主党議員も皆、国政放ったらかしで「権力闘争」に心を奪われており、
「国難」はますます深まりつつあります。

昨夏以来、幸福実現党は鋭い先見力によって、
「民主党不況」「日本の植民地化」到来の危機を訴えて参りましたが、
いよいよ「民主党亡国論」が現実のものとなりつつあります。

小沢氏出馬の背景には、鳩山氏の「小沢支持」があったためだと言われていますが、
巨額の金権不正で国民から不信任を受けて退陣した二人が「みぞぎ」は終わったとばかりに、
またぞろ日本の政界を牛耳ろうとしています。

25日の産経新聞では、小沢氏の後援会の中核ゼネコン15社が、
小沢氏の地元・岩手の胆沢(いさわ)ダムの落札率が95.4%だったことが報道され、
胆沢ダムが小沢氏傘下の企業で独占されていることが判明し、
腐敗の構造が明らかになりつつあります。

今回の民主党代表戦で、小沢氏が勝てば総理大臣、
負けても副総理等で入閣するものと見られます。

小沢氏は代表戦後の「検察審査会」で二度目の「起訴相当」が議決されれば、
「強制起訴」されることとなりますが、小沢氏が閣僚に就任すれば憲法75条「国務大臣は、
その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない」により訴追されません。

代表戦出馬は「法の抜け穴」を知り抜いた小沢氏の「窮余の策」でもあります。
国民は、このような「不正」を許して良いのでしょうか?

国民不在の「亡国の民主党代表戦」こそ、「民主党の最期」の時であります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.08.26 成功の本道
成功へと到る道はそれほど難しいものではない。
ごくごく単純な方法があると、
私はあなたがたに語っておきたい。
しかし、その単純な方法は、
継続ということが難しいのだ。
一時期はその気になることはあっても、
営々と努力を続けていくことが難しい。
まず、陽気であれ。
まず、積極的であれ。
まず、健康であれ。
まず、勤勉であれ。
まず、すべての人に感謝をする心を持ち、
常に努力への道を歩め。
このなかに成功の鍵はすべて秘められている。
あとは持続だ、継続だ。
それができるかどうかが、
成功者と失敗者を分けるのだ。


大川隆法「無我なる愛」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
2010.08.25 来世に賭ける
この世のみの損得しか考えない人は、
真の富者とは言えない。
この世のみの成功しか考えない人は、
真の成功者とは言えない。
なぜなら、死後の世界は厳然としてあり、
天国と地獄のどちらかを、
選ばなくてはならないからだ。
地獄を選んで得をしたとは言えまい。
地獄に堕ちて成功したとは言えまい。
天国に入ってこその富者であり、
天国に還ってこその成功者である。
来世に賭けるには、
反省と布施の精神が重要だ。
この二本の鍵で天国の門は開くのだ。


大川隆法「無我なる愛」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
待ってました!ジャパニメーション最高!!








クリックして愚僧の活動に御協力ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。