FC2ブログ
2008.12.19 死後の世界
近年、死生学が復活し、
死後生について考えることは、タブーではなくなりつつあります。

先日最終回となった倉本ドラマでも、「死後生」が正面から扱われていました。
そのなかで、主人公は、はっきりと「死後の世界は有ると思う」と言っていました。

死後の世界について論ずることが、
即ちオカルトだといって排斥する軽薄な姿勢は、時代遅れとなりつつあります。

肯定するにしても、否定するにしても、誰もが想定せざるを得ないのが死後の世界の存在です。

そして、どうやらその存在は、懐疑論者も無視できないほどのリアリティーを持ってきたようです。

死ねば無になるのであれば、生きることに意味はありません。
どのように生きても、結果は同じなのですから。

道徳的要請としても、死後の世界は不可欠なのです。


「死によって一切が終わるという思想に耐えることができた正しい魂、
また、その高貴な心根が、死後生という未来の希望へと高められなかった正しい魂は、
おそらくいまだかつて存在しなかったであろう。」(カント『視霊者の夢』)




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1060-60351520