FC2ブログ
2008.12.21 八未曾有法
本来の仏教には、八つの特質があり、それは「大海の比喩」として知られています。

現代の仏教僧団には失われてしまった偉大な証があったのです。




一、大海が漸次に深くなるように、法と律には漸次に学ぶものがある。

二、大海が岸を超えないように、僧団の弟子は戒を犯すことがない。

三、大海が死屍を受けつけないように、僧団は、破戒者、悪法者と共住しない。

四、大海にどのような大河が入ってもその名を捨てるように、
   法と律のもとで出家した者は、以前の四姓、姓名を捨て、ただ釈子沙門とのみ呼ばれる。

五、大海に世界の川が入り、空から雨が降ろうとも大海に増減がないように、
   どのように多くの者が涅槃界に入っても涅槃界に増減はない。

六、大海が一味、塩味のものであるように、この法と律は一味、解脱味のものである。

七、大海に真珠や珊瑚、金、銀、その他多くの宝があるように、
   この法と律には、四念処、四正勤、四神足、五根、五カ、七覚支、
   八正道というもの(三十七菩提分法)がある。

八、大海に巨大な魚が住むように、この法と律には、
   偉大な預流、一来、不還、阿羅漢という四双、八輩の聖者が住んでいる。


パーリ原始仏典律蔵「説戒禁止犍度」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1067-c42a385c