FC2ブログ
2008.12.23 日本の病根
マスコミ業界の不振、学校教育の崩壊、医療破綻、仏教の衰退、公務員の腐敗。

これらの病根は同じであって、無神論信奉者の巣窟となっているのです。

人間を物質の塊に貶め、
崇高な形而上理念を一向に省みてこなかったのですから、当然のことです。

あまつさえ、神の存在を嘲笑し、善悪を相対化させてきた罪は重いのです。

彼らには、戦後教育で叩きこまれた唯物論が大きな壁となっているようです。

人間は、パンの為だけに生きているのではありません。

どれだけ贅沢をしたところで、いずれ死ぬのです。

死んでそれで終りならば、欲望のままに生きても何の問題もありません。

しかしながら、事実はそうではありません。

肉体を失った魂は、死してなお、満たされぬ欲望に苦しむことになります。

みんな魂が飢えているのです。

欲しているのは、うわべだけの「いのちの重み」や「人権」などではないのです。

もはや、誰もが王様は裸だということに気づきはじめています。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1072-848e738f