FC2ブログ
仏陀は、われわれの永遠の師です。

それゆえ、仏陀は地上に何度も現われては法を説くのです。

仏教徒は、まずこの事実を信じなければなりません。




そのとき、世尊は次の詩頌を説かれた。

「思議を超えた、幾千・コーティ劫もの前のことであるが、
私は最高の悟りを得、その時からこのかた常に教えを説いている。
多くの菩薩たちを励まして、仏陀の知へと確立させ、また、コーティ劫の間、
幾コーティ・ナユタもの多数の衆生たちを、最高の悟りに向けて成熟させてきた。               
私は自分に加える神秘の力によってここにいるが、
また、すべての衆生にも同じく神秘の力を加えるので、
倒錯せる理解力をもつ愚昧な人々は、
私がここにいるにもかかわらず、私を見ることができない。   

私の身体が完全に死滅したのを見て、彼らは遺骨に種々の供養を行なうが、
私を見ることができないので渇望を生じ、そのために彼らの心は正常になる。
それらの衆生が正常で、やさしく、おだやかになり、愛欲を離れたとき、
私は声聞の僧団をともなって、みずからをここなる場所に姿をあらわす。
そのあとで、私は彼らに次のように語る。
『あのときも、この同じ場所にいて、私は涅槃にはいったのではない。
比丘たちよ、涅槃にはいって消滅したと見えるのは、私の巧みな方便であって、
私はこの人の世にくりかえし幾度もあらわれる。』

私は衆生たちが苦悩しているのを見るが、
そのときすぐには、私は身体をあらわすことはしない。
まず彼らに私を見ることを強く望ませ、
そして渇望しているものには正しい教えを説き明かすであろう。
私の神秘の力は常にこのようなものであって、
幾千・コーティもの思議を超えた劫のあいだ、
私はこの場所から動くことはない。

また、衆生たちが、この世界は劫火によって焼かれていると見たり、
妄想したりしているときでも、私のこの仏陀の国土は神々や人間で満たされている。
彼ら、神々や人間たちには種々の楽しみがあり、私の国土には、
幾コーティもの遊園、楼閣、宮殿があって、
それは宝玉でできた山々や、花や果実をつけた樹木で美しく飾られている。
上空では神々が楽器を打ち鳴らし、マンダーラの花の雨を降らせて、
私や声聞たちやこの菩提に向けて出で立った他の賢者たちにまきかけている。

私のこの国土は常にこのような状態にあるのに、
他の衆生たちは、この国土は劫火によって焼かれていると妄想し、
この世界がきわめて恐ろしく、
苦難に襲われ、幾百もの愁苦に満たされているところと見るし、
彼らは多くのコーティ劫のあいだ、
如来たちということば、教えということば、
さらに私の僧団ということばさえもけっして聞くことがない。
悪い行ないの結果は、しかるにこのようなものである。

やさしくおだやかな衆生たちが、この人の世に生まれたとき、
彼らは善い行ないの結果として、生をうけるやいなや、私が教えを説いているのを見る。 
しかし、私は、いまだかつて彼らに、
『このように、仏陀の寿命は無限である。』との事実を話したことはない。
やっと久しぶりに私にまみえるものに対しては、
それゆえ私は、『勝利者はきわめて会いがたい。』と説く。

私の知力はこのようなものであって、明るく輝き、それには限界がまったく存在しない。
また、私の寿命は長く、無限の劫の長さがあるが、私はそれを昔、修行を行なって獲得した。

賢者たちよ、お前たちは、このことについて疑いをいだいてはならない。
疑惑をあますところなく断ちなさい。
私はこの真実のことばを述べる。
私のことばは、いつ、いかなるときもけっして虚偽ではない。

私は世間の父であり、自己存在者であり、医師であり、
あらゆる生命あるものの保護者であって、
凡夫たちが倒錯した観念をいだき、愚味であるのを知って、
涅槃にはいることがないのに、涅槃にはいってみせるのである。
それはなぜか。
私に常に会うので、愚かで無知なものたちは浄信を欠き、
私のいることをあてにして愛欲に酔いしれ、思慮を失ったために、
悪しき境涯(地獄)に落ちるからである。

私は常に、衆生たちのそれぞれの修行を知って、
『どうすれば、衆生たちを悟りにつれていくことができるか。
どうすれば、彼らが仏陀の徳性を獲得するものとなろうか。』と考えて、
衆生たちに、それぞれふさわしい仕方で教えを説く。」


大乗仏典「法華経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1134-446c8692