FC2ブログ
2009.01.22 霊と肉
今現在の自分の感情や悩みはどこから生じてくるのでしょうか?

現代科学が言うように、脳でしょうか?

脳だとすれば、脳細胞の一つ一つが、自発的に悩んでいるのでしょうか?

大脳に140億、小脳に1千億、その細胞をつなぐシナプスが100兆存在する、
といわれていますが、そのうちのどれが、自分自身なのでしょうか?

何故、無数の細胞が連携して、統一的な人格となるのでしょうか?

その核、主体となる命令系統は、どこにあるのでしょうか?

タンパク質である肉の塊が、どうして個性や自我を持てるのでしょうか?

死滅し入れ替わる脳細胞のどこに、古い記憶が残され、保持されるのでしょうか?

思考は、シナプスが発する電気信号に還元されるのでしょうか?

電気信号が「われ」なのでしょうか?

電気信号が何故、判断し、発想し、価値を理解できるのでしょうか?

そんなことはあり得ません。

人間は重層的な存在です。

嬉しいときや悲しいときには、その感情は、胸のあたりからこみあげてきます。

脳死患者が涙を流すこともあります。

仮死状態で、体外離脱体験をする例が多く報告されています。

実は、睡眠時には、だれもが、意識は肉体を離れています。

ユング心理学では、われわれは、無意識領域で肉体を超えて繋がっていると言われます。

肉体が「われ」では無い、ということは、
生まれる前にも、私達は存在し、そして、死んだ後にも、私達は存在するということです。

人間の本質は霊であり、魂であるのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1160-51ea1e4b