FC2ブログ
2009.01.27 断見外道
仏教で厳しく戒められる「断見」とは、
その字のごとく、肉体の死を境にしていのちは断絶する、
すなわち、死ねば終りという見解です。

同じく否定されるべき「常見」とは、
肉体の死を境にしても、生前時と変わりなくいのちは恒常的に存続する、
すなわち、不死という見解です。

断見はもちろんのこと、
死を境に、肉体とエーテル体を脱ぎ捨てていくのですから、常見も正しくありません。

現代の僧侶の多くは、
「断見」については、なぜか不問に付し、
「常見」については曲解して、霊魂否定に結びつけたがるようです。

日本では、断見仏教者が大きな顔をして、無霊魂説を流布しているのです。

不出生の禅僧、白隠禅師の厳しいお言葉です。




人は二気(陰陽)の良能にして、
死すれば灯などの消えうせるが如くなるものを、
何の天堂(天界)かあり、何の地獄かあらむと。
これは断見外道の所見にして、恐るべきの悪見なり。
昏愚、これより甚しきはなし。
仏教中には因果を信じ、来世あることを知り、
苦報を恐るるを以って、大智慧とす。

「邊鄙以知吾」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1178-059a868c