FC2ブログ
2009.01.28 入我我入
仏教は、仏に成るための教えであり、虚無主義とは対極にある。

仏に成るとは、仏神を信じ、仏神と一体になること。

我も仏も無く、自と他の区別も無い境地。

これを無我と言う。

地・水・火・風・空の五大元素によってなる肉体が、我ではない。

肉体への執着こそが、迷いの根本原因。

その姿は、まるで牢獄に捕われた小人のよう。

本来の人間は、もっと広大で、自由自在な存在である。

空海は言う、「仏性を開発せよ、そして無限の可能性を解き放て!」。




諸仏をわが身中に引入す、これを入我という。
わが身を諸仏の身中に引入す、これを我入という。
入我我入の故に、
諸仏の三無数劫の中に修集するところの功徳、我が身に具足しぬ。
また一切衆生の身中の本来自性の理と、
われ、及び諸仏の自性の理と平等にして差別なし。
しかも衆生は知せず、覚せずして生死に輪廻す。


「秘蔵記」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1180-5adc3edb