FC2ブログ
古代のインド仏典には、
自らの出身地へ伝道に赴き、当時はまだ仏教が盛んではなかった西インドにおいて、
仏教の大発展の基礎をつくったと言われるプールナの逸話が遺されています。

お釈迦さまは、
組織をつくり修行者を育成して、伝道活動を強力に推し進められました。

伝道には、たいへんな忍耐と覚悟が必要とされます。

それは全身全霊をもって行う命がけの修行であり、慈悲行でもあるのです。




「プールナよ、この教誠により、私はお前を奮い立たせた。
お前はどこに住みたいか。どこで生活したいか。」

「世尊よ、簡略な教誠により、世尊は私を奮い立たせて下さいました。
私はシュローナーパラーンタカ国に住みたいのです。
シュローナーパラーンタカ国に住居を構えたいのです。」

「プールナよ、シュローナーパラーンタカ国の人々は、
凶暴で、野蛮で、荒々しく、人を罵り、中傷し、罵倒する。
もしもプールナよ、シュローナーパラーンタカ国の人々が面と向かい、
粗悪で、卑劣で、乱暴な言葉をもって、お前を罵り、中傷し、罵倒するとすれば、
その場合、お前は一体どうするつもりだ。」

「世尊よ、もしもシュローナーパラーンタカ国の人々が面と向かい、粗悪で、卑劣で、
乱暴な言葉をもって私を罵り、中傷し、罵倒したならば、その場合、私はこう考えるでしょう。
『おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と善良なのだ。
おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と温和なのだ。
彼らは面と向かい、粗悪で、虚偽に満ち、乱暴な言葉で私を罵り、中傷し、
罵倒したりするけれども、手や土塊で傷つけたりしないではないか!』と。」

「もしも、プールナよ、シュローナーパラーンタカ国の人々が、お前を手で殴ったり、
手や土塊で傷つけたりしたら、その場合、お前は一体どうするつもりだ。」

「世尊よ、もしもシュローナーパラーンタカ国の人々が、私を手や土塊で傷つけたりしたら、
その場合、私はこう考えるでしょう。
『おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と善良なのだ。
おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と人情が厚いのだ。
彼らは私を手や土塊で傷つけたりはするが、
棒や刀で傷つけたりはしないではないか!』と。」

「もしもプールナよ、シュローナーパラーンタカ国の人々が、お前を棒や刀で傷つけたりしたら、
その場合、お前は一体どうするつもりだ。」

「世尊よ、もしもシュローナーパラーンタカ国の人々が、私を棒で殴ったり、
刀で切りつけたりしたならば、その場合、私はこう考えるでしょう。
『おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と善良なのだ。
おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と人情が厚いのだ。
彼らは私を棒や刀で傷つけたりするが、完全に私の命を断ちはしないではないか!』と。」

「もしもプールナよ、シュローナーパラーンタカ国の人々が、
お前の命を完全に断とうとすれば、その場合、お前は一体どうするつもりだ。」

「世尊よ、もしもシュローナーパラーンタカ国の人々が私の命を完全に断とうとすれば、
その場合、私はこう考えるでしょう。
『世尊のお弟子さんの中には、この臭穢な肉体に悩まされ、非常に恥じ、
嫌悪の情を抱いて、刀を手にし、毒を飲み、縄で首を吊り、
また断崖から身投げした人さえもいる。
おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と優しいのだ。
おお、シュローナーパラーンタカ国の人々は何と人情が厚いのだ。
彼らは私をこの臭穢な肉体から、そう苦労せずに解放してくれるとは!』と。」

「プールナよ、善いかな、善いかな。
プールナよ、お前は、忍耐と柔和とを兼備している。
お前はシュローナーパラーンタカ国に住めるし、
シュローナーパラーンタカ国に住居を構えられよう。
さあ、プールナよ、お前は自ら解脱して他を解脱せしめ、
自ら渡って他を渡らしめ、自ら安穏を得て他に安穏を得せしめ、
自ら般涅槃し他を般涅槃せしめよ。」


「ディビヤ・アヴァダーナ」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1198-1fa899f8