FC2ブログ
2009.02.22 神の正義
人生が本当に一度きりであるならば、「神も仏もあるものか」と嘆かざるをえません。

しかし、転生の教義は、我々に未来への希望を与えてくれます。




あらゆる霊はみずからの完成をめざす。
神は、霊たちに肉体の生を送らせる試練によって、
完成に近づく方法を与える。
正義なる神は、霊たちが最初の試練でできなかった、
あるいは成し遂げられなかったことを、
新たな生において成し遂げる機会を与える。
転生の教義、すなわち、
人間に何度も人生を繰り返させることを認める教義だけが、
道徳的に劣る条件のもとに置かれた人間に対して、
神が行う正義を考えるとき、我々に唯一納得できるものである。
この転生の教義だけが、我々に未来を納得させ、
我々にしっかりとした希望をもたせてくれる唯一のものだ。
それというのも、この教義だけが、我々の過ちを、
新たな試練によってつぐなう方法を我々に与えるからだ。

アラン・カルデック「霊媒の書」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1269-c0784ead