FC2ブログ
2009.02.26 教師の握拳
東洋には、「師は、弟子の準備が出来た時に現れる」という伝承がある。

この道には、霊的な導きが必要なのだ。 

最も神聖な事柄は、通常は秘されている。

本物の師には、なかなか出会えないものである。

厳しい求道のすえに、ようやく辿りつける存在なのだ。

しかし、正法の時代、「仏陀」在世時は例外である。

「救世主は、自らが名乗りをあげる。」

全人類が弟子なのである。

神の代理人には、分け隔ては無い。

ワールド・ティーチャーに握拳 (秘密)は存在しない。

隠すことなく膨大な「法」は説かれる。

その教えが、以降何千年も信奉され、世界宗教となっていく。

現代人は、この歴史的な瞬間に立ち合っているのだ。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1285-0dd439c3