FC2ブログ
2008.04.07 四無量心
私達は、愛が足りない、愛が欲しいと、いつも愛に苦みます。

愛は目に見えませんが、たしかに存在します。
愛の大きさによって、人間の価値が決まるとも言われます。

実は、愛は他に与えることで、神から与えられるものなのです。

欲しい欲しいと求めているだけでは、与えられず、
逆に、自分から積極的に他に与えることで、神から愛が与えられるのです。

そしてその愛を、また他に振り向けていくことが出来る、
という良い循環が始まるのです。
与えれば与えるほど、与えられるという、無限供給の法則です。

これが、キリストの「持てるものにはさらに与えられる」という言葉の意味です。

愛は霊的なものです。
その、愛の器を広げていくことが、宗教修行でもあります。

この修行を、仏教では、四無量心として説きます。

これは、
慈、悲、喜、捨の四つのことで、
これらの心を無量におこして、自他を幸福に導くというものです。

慈とは、楽を与えることであり、人が幸せになることをしてあげること。
悲とは、苦を取り除いてあげることであり、人の苦しみや悲しみに寄り添うこと。
喜とは、人の幸せを妬まず、幸せを共に喜ぶこと。
捨とは、人に施した恩や、人から受けた害も、一切のこだわりを捨て去ること。


このように、愛は具体的な行為なのです。

愛は与えることで、神より与えられます。
何故なら、神は愛なのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/131-6d8ae102