FC2ブログ
プラトンは、「パイドロス」において、
霊魂について、輪廻転生について、このように語っています。

仏教そっくりです。




霊魂は、
たとえいかなるものであるにせよ、
過ちに対する制約を受ける。
原則的にいえば、この過ちこそが、
肉体のなかに閉じ込められた、
天上的霊魂の転落にほかならない。

そして、アドラスティアの掟は、つぎのように定められている。
いかなる魂も、神の行進に随行することができて、
真実なる存在のうちの何かを観得したならば、
つぎの回遊のときまで禍いを逃れてあること。
そしてもし、その回遊の機会ごとに、
つねにそうすることができるならば、
いつまでも損なわれずにいること。
しかし、ひとたび魂が、
神に随行することができなくなって、
真実性を観そこなったならば、
そして、なんらかの不幸のため、
忘却と悪徳とにみたされて重圧を負い、
この重さによって翼を損失し、地上に墜ちた場合、
法は次のように定める。
すなわち、この魂は、
この世に生まれる最初の代においては、
いかなる動物のなかにも植えつけられることなく、
誠心誠意、知を愛し求めた者や、
熱情のなかに生を送ったもの以外の魂たちは、
最初の生涯を終えると、裁きにかけられ、裁かれてのち、
あるものは地下の世界にある仕置きの場におもむいて、
正当な罰をうけ、またあるものは、
司直の女神ディケにより、天上の場所にはこびあげられて、
人間の姿において送った生活の功により、
それにふさわしい生をそこで送る。
そして、千年目の年に、このどちらの魂も、
第二回目の生をくじ引きで選ぶためにやってきて、
それぞれが欲するような生を選ぶ。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1318-db3cd160