FC2ブログ
2009.03.20 想念の力
引き寄せの法則は、日本発祥です。




多くの病気はヴィールス、細菌、真菌、リケッチャ、原虫など、
種々の名称の微生物が人体に寄生することによって起るということが、
一般に医学者からみとめられている事実である。
しかし、その微生物は如何にして発生したか、
また既に発生した微生物が人体に寄生するにしても、或る人には感染しないのに、
或る人には感染するという差別を生ずるのは、如何なる理由によるのであるか、
ということについてはあまり研究が行き届いていないのである。
母乳のみによって育てられている嬰児には大腸菌が存在しないのは何故であるか。
重症の結核患者が、心が一転すれば、薬剤使用の有無に拘らず、
結核菌が消滅してしまうのは何故であるか。
こんな事は精神を除外した唯物論では解決ができないのである。
人体に寄生する菌の発生と消滅とには、神からの摂理と、
人間の精神の影響との二つの要素が原因となっていると言うほかはないのである。
微生物は「心」によって発生するのである。
摂理とは「神の心」であり、病菌とは、「人間の迷いの心」の具象化であるのである。

地球は摂氏幾十万度の高温のガス体だった時があるから、
一切の微生物はその頃、完全に滅菌消毒せられていたのである。
その後、微生物は如何にして生じたかは、
生物学も医学もその原因を解明することはできないのである。
物質が偶然的原因で、適当な構成成分が集ったとき、
自然界の法則によって化学変化が起り、一種の蛋白質のようなものが発生し、
それが生物発生の起源であるなどと、ソ連の生物学者オパーリンなどは説くのであるが、
蛋白質の一種やアミノ酸の数種が光合成化学などによって出来る実験に成功したところが、
蛋白質やアミノ酸は、生物でも微生物でもないのである。
それは生物が生産した産物と同種のものが出来たというだけであって、
生物発生の実験にはならないのである。
生物が発生するには、自然界の法則で合成された成分を「想念」が、
その想念した「生物体」としての形態になるよう配列する必要があるのである。
想念こそが微生物発生の原因である。

自動車王ヘンリー・フォード第一世は、
われわれが心に深く念ずれば、想念の極微の霊子体とでもいうべきものができて、
それがメッセンジャーとなって空間をわたって必要なところへ到達し、
必要な要素を想念の発信者に対して持って来るのだ、
という説を述べているのは興味あることである。
想念が極微のスピリチュアル・エンティティを作るとすれば、
その霊子体が現象界に具体化すれば、微生物となってあらわれるのである。
その極微の霊子体は、現象界に事物をあらわす「生きた霊的素粒子」とでも言うものであり、
それに病気の想念が乗れば、病菌ともなり、
それに生命の想念が乗れば、健康なる新生細胞ともなり、
それに貧乏の想念が乗れば、
貧乏になる要素を引き寄せて来る微小体の霊的メッセンジャーともなるのである。
貧乏になる要素を引き寄せる「微小体」なる霊的メッセンジャーは、
ある意味では「貧乏の黴菌」だともいえる訳で、
病気が感染するが如く貧乏も感染するといい得るのである。


谷口雅春「希望を叶える365章」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1359-319a256e