FC2ブログ
2009.04.23 神の法則
仏陀の説く法は、神の顕現そのものです。

「仏法」とか「空」とかは、単なる唯物論やこの世的なる法則などではありません。

それは、神の愛、神の法則の別名であります。




神は自分の意志をもって意識的に人間を処罰し給うことはない。
神は愛であるから、人間に完全な自由を与えたのである。
しかし、神は愛であるから、人間が悪しくなることを好み給わない。
しかし善くなるように「強制する」ことは、人間を機械化することになるから、
人間を「善しか出来ない」という様には、型に嵌め給わなかったのである。
神は、人間を「自由にならしめたい」と同時に、
「自由意志で善ならしめたい」との願いを実現するために、
人間自身で、自分の想念や行為が、
善であるか悪であるかを検針することが出来るメートルとして「法則」をつくり給うたのである。
そして法則に逆えば、悪い結果が出、
法則に遵えば、善き結果が出るという事実によって、
人間は自己反省をし、自由意志によって、
善なる想念及び行動を起し、自然に向上することができるようになっている。
そして更に、人間が自由意志によって、
神から導きを受けようと思えば、
神の智慧を授かることになっているのである。


谷口雅春「希望を叶える365章」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1494-12ca7ceb