FC2ブログ
2009.04.23 遇い難き仏法
伝統仏教教団の僧侶になるには、必ず三法に帰依をしなければならない。

愚僧は、人生において二度の三帰依を経験した。

一度目は、歴史のなかの仏法僧に。

二度目は、現在進行中の仏法僧に。

僧侶は仏弟子なのであるから、仏陀に帰依するのは当然だ。

その時、愚僧のなかで何かが変わった。

孤立感が消え去った。

魂に火が灯った。

ようやくたどり着いたという安堵感があった。

本物の師を得たという喜びがあった。

永遠のいのちを得ることができた。


エル・カンターレに感謝いたします。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1496-48d943ac