FC2ブログ
2009.04.23 意識の進化
歴史学者のセオドア・ローザク氏は、
1970年代にすでに、
人々の神秘に向かおうとする意識の変化をこのように評価しています。

唯物論の超克は、水瓶座の時代のテーマでもあります。




驚異的なものに対するこの好奇心の高まりは、
正当に精神的な探求心を民衆が表明しているものである。
それは西欧世界の伝統的宗教のかたくなさのため、
さまざまな非正統的チャンネルに追いやられていたものである。
そのような探求心が継続し発展するためには、鑑識眼を今後発展させなければならないが、
その出現自体は精神的再起のため、必要にして健全な兆候である。

不思議と福祉に満ちたアクエリアン・エイジの星影を宿した瞳の影像たちを通して、
人間性の変容が進行していることを認める。
それは進化論的次元のもので、私たちの文化のレパートリーにおいて、
言葉の出現や道具をつくる才能の出現と同様、まことに画期的な意識変化なのだ。


「意識の進化と神秘主義」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1498-1d2b6506