FC2ブログ
2009.04.24 信念の波動
量子物理学の発見によって、
我々は、現実とは何かをめぐっての認識を変えざるをえなくなってきました。

「信念が現実を創る」ということが、新たな時代の常識となりつつあるのです。




リアリティ革命は、静かに進行しているように思えるが、
それがわたしたちの生活にもたらす変容は過去に類を見ないものである。
というのも、これまで当然と考えられていた理論に疑問を投げかけただけではなく、
宇宙の成り立ちや宇宙のなかのわたしたちの役割について、
過去300年間わたしたちが信じてきた「事実」に欠陥があることを暴露したからである。
わたしたちが信じてきた「事実」は、次の二つの前提に基づいていた。
しかし、それは偽りであることが証明されたのだ。
偽りの前提の一つは、
「物と物の間にある空間は空っぽである」というものだ。
それが真実ではないことを新しい発見は告げている。
もう一つの偽りの前提は、
「感情や信念といったわたしたちの内的経験は、
身体を超えた世界になんの影響も及ぼさない』というものである。
これもまた間違っていることが証明された。
最先端の学術専門誌に発表された従来のパラダイムを破壊する実験は、
かつて空っぽの空間と見なされていたところが、
知的なエネルギーに満たされており、
わたしたちはその知的なエネルギーの場にひたっていることを明らかにしている。
さらにこの場が、心臓を基盤とするわたしたちの感情や信念に反応する、
―自らを構成しなおす―ことを、ほかの発見が明らかにしている。
これこそすべてを変える革命なのだ。
1687年、アイザック・ニュートンが『自然哲学の数学的諸原理』を発表し、
彼の物理の「法則」が正式に認められて以来、わたしたちは間違った、
あるいは不完全な情報に基づいて自分の能力や限界を判断してきた。
あのとき以来、大半の科学は、
わたしたちを壮大な宇宙の営みから切り離された、とるに足らない存在と見なしてきた。
それがわたしたちを、人生と現実の方程式から締め出してきたのだ!
今回の革命が画期的なのは、
あなたやわたしが今、この瞬間にしていることに、その革命が全面的に負っているからだ。
わたしたちは自分自身や世界とは何かを、
個人や集団として、意識的無意識的に、絶えず選択している。
そのような信念の結果が、日常的な現実となってわたしたちを取り巻いているのだ。
新しい発見は、個人的な健康や人間関係から世界戦争や平和まで、
わたしたちの人生の現実は、万物をこしらえている量子的素材を形作る、
「信念の波動」にほかならないことをほのめかしている。
すべては、わたしたちが、自分自身や自分の世界、
自分の可能性や限界をどう思っているかにかかわっているのだ。


グレッグ・ブレイデン「宇宙のマニュアル」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1500-3c320b83