FC2ブログ
宗教多元主義の提唱者として知られる、
最も影響力のあるイギリスのキリスト教神学者、宗教哲学者のジョン・ヒック氏は、
驚くべきことに、どのような日本の仏教学者よりも、仏教の本質を捉えています。

多様な宗教の中に、絶対者の愛の現れを見る慧眼があればこそです。

氏の仏教的瞑想に関する論考です。




『仏教徒の瞑想の核心』という書物の中に詳細に記述されている瞑想方法は、
「サティパッターナ」、つまり「気づきの瞑想」として知られている。
その基本的な発想は何かに集中することで、
つまりそれ自体では意味を持たないような自らの呼吸に集中することで、
日常的に絶えず変化していく事柄に対する意識を空にし、そうすることによって、
通常では気づいていない偉大な実在へと意識を開いていく、というものである。
しかしながら、これは単に瞑想によって達成される特殊な瞬間なのではなく、
人生の多くの部分に浸透する心の状態なのだ。
その手順はとても単純である。
背中を伸ばして楽にすわり、日常の経験を超えた実在へと、
自らを開くように意識を集中させ、数回深呼吸をし、目を閉じ、
単に呼吸に対して―なるべくならば横隔膜で―吸ったり吐いたりすることに注意する。
心は何度も何度もその集中からさまよい出ていくが、
そうしたいという気持ちがあるかぎり続けて、呼吸に戻っていく。
ときには、しばらく後に、何の努力をしなくても、
自然と心が呼吸に集中したままでいられるような、第二段階に到達する。
そして無限に続けることができるかのように感じる。
私は一度、といっても、これまでたった一度だけの経験ではあるが、
意識の新しい形態、あるいは次元への驚くべき躍進と思えることを経験した。
私はその第二段階に達していたのだ。
そして目を開いたとき、世界は二つの点でまったく異なっていた。
通常、私はここにいて、周りの環境はそこにあり、私から離れているのであるが、
そのときはそのような区別がなかったのだ。
そして、もっと重要なことには、私がその部分となっている世界の総体は親しみ深く、
温和で、素晴らしく、恐れたり、悩んだりすることなど何もありえなかったのだ。
それは存在というものについての深い喜びの状態だった。
これはほんの短い時間、おそらく二分間も続かなかったであろう。
しかし私は、そのような心の状態の中で長い間生活し、
あるいは存在し続ける人にとっては、深い静穏が存在するということ、
そして仏教の教えの中心でもある利他的慈悲、つまり他者への共感と他者への共鳴、
自我中心的でない慈悲がまったく自然なものになる、ということを理解することができる。
ほんのわずかでもこのことを味わうことができたのは、大変意義深かった。
また、そのニルヴァーナの状態のほかに、
瞑想により、言葉では言い表わせないような高揚の時や、深い喜びの時もある。
瞑想によって理解できることの一つは、
私たちの精神生活がどれほど複雑で多次元的なものであるかということだ。


「ジョン・ヒック自伝」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1555-f055a1c8