FC2ブログ
2009.06.17 怒濤の日々
ブログ更新もままならない怒濤の日々に想う。

国難の時に、僧侶はどうするのか?

あいかわらず日本の多くの僧侶は、左翼思想に毒されているようだ。

平和や非戦を唱えるだけでは、人々を幸福にすることは出来ない。

あの世を信じていた戦時中の僧侶達は、
従軍僧として戦地に赴き、戦死者を慰霊したのではなかったか?

再誕の仏陀の救世運動の邪魔をしてはならない。

日本の全仏教者は、幸福実現党を応援するべきである!

愚僧も精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1667-ae614620