FC2ブログ
般若経典は、
大乗経典の中でも早い時期に成立した経典群で、
10種類以上の系統が存在し、それを集成した「大般若経」は、
全600巻にもおよびます。

それらには、六波羅蜜の修行法が説かれ、
空の思想と、般若波羅蜜という智慧の完成が中心に説かれているのが特徴です。

究極の修行の完成、仏陀の悟りの境地を目指すものなのです。


日本で、大変なじみのある「般若心経」は、
「大般若経」の精髄を、わずか262字で表したものだと言われます。

「般若心経」の人気の秘密は、
そのお経に説かれている深遠な内容にあります。

このお経には、

宇宙には霊力が満ちていて、
霊的次元と物質次元は表裏一体の関係にある。

宇宙は、無限の可能性に満ちていて、
この世は、宇宙の大心霊の表れである。

私達の苦しみの原因の無明が生じるのは、
自我に執着する為であり、
その我意識を無くすために、
苦・集・滅・道の四諦八正道の教えが説かれるのであって、
その八正道を行じることによって、苦しみから脱することが出来る。

また、
六波羅蜜を行じることにより、内奥の霊的次元の智慧が生じる。
この霊的次元の智慧こそ般若波羅蜜というのである。

瞑想行により、霊的次元の智慧を開発しなさい。
本来の自分は、霊的存在であることを悟りなさい。
宇宙の無限の可能性を信じなさい。
正しい心を探求し、生き通しのいのちに目覚めなさい。
正しい神の進化の方に向かいなさい。


ということが説かれているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/168-6b52eb0b