FC2ブログ
D・カーネギーは、悩みについてのあらゆる本を読破しました。
それは、心理学、精神医学、哲学、宗教と多岐にわたっています。

彼はそれを実践して自分の血肉とし、平易な言葉で人々に説きました。

その著書は、不朽のベストセラーとなっていますが、珠玉の言葉でいっぱいです。

彼の幸福法を紹介します。


「幸福になる」という決心をして、その決心を貫き通せば、
本当に幸福になれることをご存知だろうか。
人が幸福になるかどうかは、心の持ち方次第である。
財産や名声では決して決まらない。
次に幸福になるための心得をあげてみよう。



1、あくまで自分独自の人生哲学を築き上げるように心がける。
  他人の言葉や行動に動かされて、自分の信念がぐらつくようではだめだ。

2、気が滅入る時には、天気のよい日に景色のよい所へ散歩に行く。
  自分の周囲にどんなに美しいものがあるか考えてみる。
  これを実行すれば、その瞬間には完全な不幸はあり得ない。
  この瞬間にその一日の、一週間の、一ヶ月の、あるいは一年の、
  心の持ちようが決まるのだ。

3、美しい詩を読み、美しい音楽に耳を傾ける。

4、(これが最も幸福を生む働きがある)他人に親切さを尽くす。

5、家の中をきちんと整頓し、常に美しくしておく。

6、できるだけ健康を保つ。慢性になりやすい病気に自分でかかる必要はない。
  そんな病気にかかるのは、自分の体を粗末にするからだ。

7、趣味を持つこと。
  何か自分が今まで興味を抱いていたものを趣味にすることだ。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/175-69a8b5bc