FC2ブログ
2008.04.15 奇跡の人
ヘレン・ケラー女史は、
「三重苦」を克服し、ハーバード大学を優秀な成績で卒業、
その後は、社会福祉事業、障害者の為に生涯を捧げました。

「障害は神から与えられた試練」と納得し、
見事な人生を全うして、人々に勇気と感動を与えました。

彼女が終生、
スウェーデンボルグを敬愛し、その教義を信仰していたことは、あまり知られていません。

このような詩を書いています。


スウェーデンボルグ "天は彼にその高き門の扉を開きたり"

盲の我が眼に光を与えし君、
けっして我より遠ざかることなき霊なる君よ!
深き苦悩の時に我は在りても、
汝は我が身の近き処にいまし給う、
聖なる真を表わす汝の言葉が輝く宝石のごと、
我が魂の内に宿りしゆえに。
死がそのやさしき手にて我を、
我が愛する神の御許へ導きゆかんその日まで―
此処にては闇の中の松明となり、
彼処にては永遠の我が喜びとならん。



実は、
彼女は霊能者でもあり、
実際にスウェーデンボルグから、霊指導を受けていたと言われています。

彼女の自伝を見てみましょう。


「どうしたのかしら?私、今までアテネに行っていたのよ」
その言葉が口をついて出るか出ないかの一瞬、
ありありとした驚くばかりの現実感が私の心をとらえ、高揚させました。
そして私は、私の霊魂が実在すること、
しかもそれは場所や身体の制約を完全に超えているということを悟ったのでした。
何千マイルも彼方の場所をこんなにありありと見たり、感じたりしたのは、
私が霊そのものだからであり、そのことにもはや疑う余地はありませんでした。
霊にとって距離の隔たりなど問題ではありません。
この新しい意識においては、神の臨在を、霊としての神ご自信の遍在を、
宇宙にあまねく同席される造物主を、眼にすることができるのです。
盲で唖で聾の身ではありながら、この小さな霊魂が大陸と大洋を越えて、
ギリシャにまで到達できたという事実は、もうひとつ別の、
津波のように押し寄せてくるわくわくした感情を私にもたらしてくれたことになります。



彼女は苦しみに身を置いた菩薩界の方でした。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/182-f23b72d0