FC2ブログ
欧米のニューエイジ運動の、
指導者デビッド・スパングラーは、

ニューエイジ運動を4つに分類しています。


1、商業主義の産物としての表層的なレベル。

2、メディアが扱うポップカルチャーとしてのレベル。

3、ニューエイジの様々な現象を「パラダイムシフト」として関連づけ、
  ニューエイジ運動を「変化のシンボル」ととらえるレベル。

4、この地上の生命を再び「聖なるもの」につなげる運動として、
  ニューエイジ運動をとらえるレベル。



一口に、ニューエイジと言ってもいろいろあります。

愚僧が主張するニューエイジというのは、
宗教の復興、霊性文明へのシフト、仏国土建設運動のことなのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/187-4c70c1c1