FC2ブログ
現代のニューエージ運動につながる、
癒しの伝統を生み出した重要な人物が、
オーストリアの医師フランツ・アントン・メスマーです。

メスマーは、
磁石治療をきっかけに、催眠現象に気づき、
人体に流れる一種の物理的な生命エネルギーを発見し、
それを「生体磁気」と呼びました。

生体磁気催眠をメスメリズムと言いますが、
メスマーはこの語源になっています。

その理論は、

宇宙を満たしている精妙な物理的なエネルギーが、
人間と地球、天体の間、人間と人間の間を媒介する。

病気は、人体にあるこのエネルギーのバランスが崩れることで生じる。
病気から回復するには、このバランスを取り戻すことが大切である。

あるきまった技法を用いることで、このエネルギーの流れが出来、
貯蔵したり、他の人に移すことが出来る。


というもので、
患者を催眠状態に入らせて、治療を行いました。

メスメリズムによってトランス状態になった患者の多くが、
霊媒となって、様々な言葉を語ったと言われています。


メスマーの理論は、
催眠治療療法、フロイトの精神分析、
カイロプラクティク、オステパシー、ハンド・オン・ヒーリング、
などの誕生にも多大な影響を与えています。
また、近代オカルティズム、心霊主義の源流にもなりました。


メスマーは、正当派科学界から迫害をうけ、晩年は孤独であったそうです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/189-9e035448