FC2ブログ
ニューエイジでは、人にはそれぞれ、守護霊(ガーディアンエンジェル)というものが存在し、
その者を、指導し守護していると言われます。

守護霊はまた、ハイヤーセルフとも言われ、高次の自己、
内なる本当の自己とも言われます。

また、霊界情報では、人霊は6体でグループソウルを形成しており、
その6体が、順に地上に出て、経験を共有しており、六対で一人なのです。
守護霊には、その内の一体が担当するともいわれます。
それは即ち、自分の過去世だったりすることになります。

ですから、高次の自己、内なる自己と言っても、間違いではないのです。

なかなか信じ難いことですが、実は、お釈迦様も、守護霊に言及しているのです。

仏は、比丘に告げられた。
「一切の樹木で、最も小さいものでも、車輪ぐらいのもの以上であれば、
すべて鬼神(精霊)が居ついており、空虚なものはない。
一切の男子も女子も、生まれたばかりの時から、すべて鬼神(霊)につきまとわれ、
守護されている。
もし、その人が死のうとする時、かの守護している鬼神(霊)がその精気を収めれば、
その人は死んでしまうのである。」 

長阿含経「世記経」

このお経は、最初期の頃のものですので、信憑性が高いのです。
仏教が守護霊?意外ですね。

その他にも、
守護霊とは別に、指導霊、憑依霊というものも存在するようです。
そのことは、また別の機会にします。

とにかく、見えないものに見守られ、心配されているということは、心強いことであります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/19-c356ea81