FC2ブログ
2009.08.31 戦いすんで
幸福実現党は玉砕した。

愚僧は、ショックであると同時にある種の安堵感を覚えた。

何故なら、仏陀に俗臭極まる国会になど出席して欲しくなかったからだ。

現代の仏陀が説く教えに常勝思考というものがある。

それは、永遠の霊的生命という観点に立ち、
どんな状況に直面してもそこから学び、
プラスもマイナスもその経験を未来を拓いていく糧とすることで、
人生に勝利するしかない、という考え方である。

この度玉砕された立候補者は仏弟子であり、本来、宗教家である。

その方々が今回の選挙戦の経験を本来の聖業に生かすことで、
今後の教団の救済力はパワーアップすること間違いない。

その方々は、民衆の切なる想いを肌で知り、
勇気や情熱、伝道力や感化力を身につけ、
この世を具体的に良くする智恵をも備えられた。

結局、この負けは勝ちになるのだ。

しかも、この度のことで、
幸福実現党の認知度は激増し、日本を世界を救う秘策も周知のこととなった。

それは、今後も仕事をし続けることとなる。

負けて勝ったのだ。

さらに、鳩山政権ではこれから迫る国難には対処できない。

その為、解散に追い込まれるのは必至である。

そして次なる(衆参同時)選挙においては、今回以上の規模で、再び参戦することとなるだろう。

その時、猛烈に反省したマスコミや国民は、どういう選択をするだろうか?

本当の戦いが始まった。

愚僧も日々精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1922-b36b1ad9