FC2ブログ
お釈迦様と同時代のインドには、
バラモン教にとらわれない自由思想家達が存在していました。

そのなかの代表的な方達の思想が、
原始仏典の「沙門果経」に出てきます。

彼等の思想は、どのようなものであったのでしょうか?


仏教においては、
彼等の思想を仏陀が否認したことから、彼等は「六師外道」と呼ばれています。




プラーナ・カッサパ(虚無論)

どんな行為をしても、なにをなそうとも、罪悪がなされることはない。
人を殺害しても、罪悪はなく、罪悪が現れることもない。
布施をしても、供養をしても、功徳はなく、功徳が現れることはない。


マッカリ・ゴーサーラ(宿命論)

生ける者には、因縁はない。
すべての生命あるものは、ただ運命により、性質により変化する。
愚者も賢者も流転し輪廻したあと、苦の終りを作ることになる。


アジタ・ケーサカンバラ(四大要素説)

善悪・悪行の果報はない。この世もあの世もない。霊魂もない。
人というものは、四大要素から成り、死ねばそれぞれの要素に分解される。
愚者も賢者も、身体が滅ぶと、断滅し、滅亡し、死後には存在しない。


パクダ・カッチャーヤナ(七要素説)

七種の身は、作られたものではなく、互いに分離していて、不動である。
その七種とは、地の身、水の身、火の身、風の身、楽、苦、第七として霊魂である。
たとえ鋭い剣で頭を断ち切っても、誰も、誰の生命を奪うことにはならない。
ただ七種の身の間にある裂け目に、剣が落ちるに過ぎない。


ニガンタ・ナータプッタ(ジャイナ教開祖)

私は、四種の部分からなる防御によって悪から守られている。
四種とは、悪を拒絶し、悪の防御に結ばれ、悪を除き、悪の防御に触れている、ことである。
だから私は、自己の完成者、制御者、確立者と称される。


サンジャヤ・ベーラッティプッタ(懐疑論・不可知論)

私は、質問に対して答えるであろう。
しかし、私はこうであるとも思わないし、そうであるとも思わない。
別であるとも、そうではないとも、そうではないのではないとも思わない。





現代も昔も、思想哲学的な主張には、そう大差はありませんね。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/195-062fdac4