FC2ブログ
2009.09.27 母の死に想う
人間の本質は肉体ではなく霊であることは知っている。

でも、人の死は悲しい。

今生の別れは辛い。

触れ合うことや会話が出来ないのは寂しい。

愛別離苦とはよく言ったものだ。

死は終りではないと聞いても、とにかく故人はもう目に見えない以上、不安になる。

魂やあの世は誰にも証明のできないものだ。

他にも、目に見えない電波や素粒子のなどの存在はあるが、

実験科学がそれを保障してくれているので疑うことはない。

神仏や霊魂など、世の常識が否定しているのに本当にそんなものがあるのだろうか?

これは自然な疑問である。

その不安や疑問を超えていくには、やはり信仰しかない。

信仰によって彼岸に渡るのだ。

仏陀が再誕している今世で悟りにチャレンジするのだ。

日々、精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/1981-bd6ed00c