FC2ブログ
パスカルは、
数学者、物理学者でありましたが、
神秘家でもありました。

彼は、神への信仰をすすめるため、
「パスカルの賭け」という話をしました。

それは、こうです。


「神は存在する」と考えるのと、
「神は存在しない」と考えるのとでは、どちらが得をするだろうか?

という問いから始まります。

「神は存在しない」と考えた場合は、
その人の人生は不幸なものになってしまう。

何故なら、生前においては、神や死後の生命を信じなかったばかりに、
不道徳で退廃的になり不幸を招くことになる。
また、死の恐怖に怯えながら暮らさなければならない。

死んだ場合にも、本当に死後消滅し無になったのならば、その通りであっただけのこと。
もし、死後の世界があった場合には、後悔することになるし、生前の不幸は取り返せない。


「神は存在する」と考えた場合は、
その人は、限りない幸福を得ることが出来る。

何故なら、生前においては、神や死後の生命を信じ、人生を有意義にしようと努力し、
道徳を守ったその結果、幸福を得ることになる。
また、死の不安を感じず、人生を全うすることが出来る。

死んだ場合にも、もし仮に死後は無かったとしても、もう認識はできないし、後悔することもない。
そして、生前の信仰通りに、死後の生命があった場合には、さらなる幸福が待っている。

だから、
信じれば、全てを手に入れることが出来、そのことで失うものは何もないのだから、
神や死後の永遠の生命を信じる決断の方に賭けるべきだ。


となります。




神は存在するのか、それとも存在しないのか。
ところで私たちはどちらに傾くだろうか。
理性はこの点について何も決められない。
無限の混沌が僕らを分けへだてている。
その無限の距離の果てでは、
ひとつの賭けがなされていて、コイン投げがおこなわれる。

賭けは行わなければならない。
まったく自分の意思ではなく、あなたはすでに船に乗せられてしまっているのだ。
そうだとすればあなたはどちらに賭けるか、考えてみよう。

ところで、あなたの幸福はどうなるだろうか。
神が存在する方をとったときの、得と損を比べてみよう。
次の二つの場合を比べてみよう。あなたは勝てばすべてを得る。
そして負けても何も失わない。
ならばためらうことなく、神が存在する方に賭けなさい。


「パンセ」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/204-85545afc