FC2ブログ
愚僧は、この情報は本物だと考えています。

みなさんは、どう思われますか?




親愛なる地球の皆さん

あなたがたの何人かとはすでに電話で話をしています。
その人たちは、肉体的にも精神的にも大きく傷ついている解体しかかった、
あなたがたの社会に介入してくるよう、何度となく要請してきました。
もちろんわたしたちが介入して、ほとんど魔術的なやり方を伝え、
癌や深刻な心臓病や免疫システムへのウィルスの攻撃と闘うこともできます。
無公害で経済的なエネルギーを作ったり、
大量に食用たんぱく質や脂肪を作るレシピを教えることも可能です。
基本的人権や社会的公正を尊重するような、統治の実践的システムを示すこともできます。
そうすれば人類社会は再構築が進み、エデンの園が現実のものとなるでしょう。

われわれは反物質を合成して簡単にエネルギーを作り出し、
それを真空容器の中に反重力的な宙吊り状態にして保存することができます。
それを同量の通常の物質と反応させながら少しづつ解放するのです。
そうすれば生じるエネルギーは融合プロセスへと導かれます。
こういうエネルギー源があれば化学反応も何の問題もなくコントロールできるのです。
水や酸素や砂などのごく単純な原材料から、
たんぱく質ばかりでなくどんな物質も作り出すことができます。
われわれのシステムによれば作り出せないものはないのです。
オリジナルがあれば、それを一つ一つの原子レベルで分析し、
原子一つ一つのレベルで空気中の窒素などのごく単純な物質から、
原子合成によってこの物質のクローンに占めるべき位置を確認しながら、
完璧なコピーを作るのです。これがわれわれの生産システムの基礎なのです。

自然な進歩を続けている、
あなたがたの社会進化の過程に介入する決定は、まだ一度もありません。
とはいえ核をめぐる紛争、プラズマやバイオテクノロジー兵器によって、
あなたがたの社会ネットワークが危機的状況になったと探知した暁には、
介入することを真剣に考えるし、実際にするでしょう。
強調しておきましょう。地球人がみんな姿を消してしまうと確信しない限り、
わたしたちの介入は倫理的に正当化されないと思います。

とにかくあなたがたに迷惑をかけたような種族はありません。
訪問先の惑星の進化のプロセスを乱してはならないという宇宙の倫理を、
どの種族も皆尊重したからです。しかし、ひとつ例外もありました。
この高度に発達した種族は、脳をコントロールする技術に優れ、
地球人を神経心理学の実験のためのモルモットにしようと思いついたのです。
宇宙の倫理を踏みにじって、地球人の生命の統一性を完全に無視して、
彼らは多くの人間をサンプリングして、その脳を操作しました。


「宇宙人ユミットからの手紙」ジャン=ピエール・プチ





とにかく、地球が危機的状況にあることだけは確かです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/207-49b67420